« 超広角10mmの世界(序章) | トップページ | 超広角10mmの世界(親鸞会・同朋の里編) »

超広角10mmの世界(クロスランドおやべ編)

 お猿@おはようございます。

 すでに「Nikon D80 」に数種類のレンズを装着しては楽しんでいるレビューになっておりますが、気が向いた人だけ付き合ってくださいネ。今回も前回に引き続き、SIGMAの超広角ズームレンズ「10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM 」についての検証を行います。

 今回の舞台は序章でもチラリとお見せした富山県小矢部市の名所「クロスランドおやべ」のゴールデンウィークの様子を撮ってみました。家族連れが多数訪れるところで、いい歳した男が一人、難しい顔をしながらレンズをガチャガチャ交換しているのは妙に浮いていました。明らかに楽しんで写真撮っているようには見えなかったと思います。いや、これでも楽しんでいたんですけどね……。マジで……これがオレ流のGWの過ごし方ってヤツ?

1905081
これがクロスランドおやべのシンボルである、118mの高さを誇るクロスランドタワーです

 手始めにシンボルのクロスランドタワーを10mm側で撮ってみたんですが、撮り方が悪かったのか全く迫力が出ていません。撮る位置が悪かったみたいです。まるで、慰霊碑というかお墓ですね……というワケで、10mmで撮りゃあ何でもワイドで迫力というわけにはいかないということです。この辺は経験値を増やしていくしかないようです。

 では、いよいよ本格的に検証に入っていきたいと思います。でも、ただ検証するのでは面白くないので比較の対象を用意します。それはズバリ、超人気の悪魔のレンズ「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18~200mm F3.5~5.6G (IF) 」。18mmスタートなので、この超広角ズームの望遠側より広角が撮れるというもの。それならば、このダブった18mm~20mmの範囲では、どちらで撮った方が良いものが撮れるのかということを競ってみました。この18-200mmは諸収差を良好に解消した高性能レンズということで名高い一品です。さて、高倍率ズームが勝つか、超広角ズームが勝つか?結果は如何に!?

 最初の会場は、クロスランドおやべ内の「池」。池の周囲をミニSLが走っているという目玉的存在のスポットです。ここでまず高倍率ズームの最大広角側である18mm対決をしてみましょう。設定は、絞り優先:F8、露出補正:0EV、WB:AUTO、ISO:100で行ってみました。

 対決の写真は全て、左が10-20mm、右が18-200mmとなっております。また、画像をクリックすると実画像が別ウィンドウで開くものがありますが、なんせ1020万画素の画像ですので、開く時は重さを覚悟して開いてくださいネ♪

●焦点距離「18mm」対決!

1905083 1905082
若干フレーミングがズレてしまったのはご愛嬌。(クリックすると実画像が開きます)

 まずは、最も諸収差の影響を受け易いと思われる右下400pix四方をアップしてみました。

1905084 1905086
こうしてみると18-200mm側に色収差などが目立つ。解像力も10-20mmに軍配が上がる

 高倍率ズームはどうしてもムリしてしまうのか、なんとなく18-200mm側はボンヤリとした印象を受けた。木の欄干なんかでも色収差が若干ながら見られるようだ。とは言っても高倍率ズームとしてはかなり優秀だと思うが……?ならば、写真中央なら画質はどうだろう……と思って見てみた。中央400pix四方をアップしてみた。

1905085 1905087
水面なので分かりにくいが、10-20mmの方がやっぱり繊細?

 中央と言っても池のド真ん中なので評価は実にやりにくい。しかし、水面の細かな波のキレはやっぱり10-20mmの方が解像感が上だ。色味としてもやや落ち着きがあるように見える。色味と言えば、ヒストグラムはどうだろう?フレーミングがズレてしまって面目ないが、それぞれのヒストグラムを比べてみた。

1905088 1905089
露出補正0EVでの比較では、10-20mmが適正露出か?

 ご覧の通り、露出補正は全くいじらずに撮った感じでは、10-20mm側が適正露出のようだ。10-20mmのF値がF4-5.6というのに対し、18-200mmのF値がF3.5-5.6というのが影響しているのだろうか?18-200mm側のハイライト側が飛び気味となった為に、全体的にヒストグラムが低めに見える。特に欄干の手すりに影響が顕著に出ているように思われる。一応、10-20mmのシャッタースピードは1/125秒に対し、18-200mmは1/250秒で、倍のスピードだった。

 お次は、超広角ズームの望遠側の20mm対決に移ります。

●焦点距離「20mm」対決!

19050810 19050811
これまたフレーミングがズレてしまって面目ない!(クリックすると実画像が開きます)

 ここでも、諸収差の影響の出やすい右下400pix四方を切り取ってみました。さて、どうなるでしょう?

19050812 19050814
収差云々というよりも、解像感が全くちがいます。木目まで再現する10-20mmは流石!

 ……ということで、圧倒的に10-20mmの勝利ですね。これだけの広角でありながら色収差もなければ、解像感も失われていません。18-200mmは木目が失われちゃっていますね。ねむたい画質もイマイチ……。でも、これでも高倍率ズームとしては上出来(……と必死の弁護)。お次は、ド真ん中勝負を行ってみましょう!中央400pix四方のアップです。

19050813 19050815
写っているものが全く別ながらも水面の繊細さは10-20mmが断然上です!

 これでも圧倒的な解像感を見せ付けて10-20mmの勝利!水面の細かい波や映っている影なんかも非常にリアル。では、最後にヒストグラムも見てみましょう。

19050816 19050817
これでもやっぱり10-20mmの情報が残っている

 18mm対決に比べると10-20mmでもハイライト側が失われつつあるものの、それでも中間調のピクセルはかなり確保できているように思われる。これまたシャッタースピードは10-20mmが1/125秒で、18-200mmが1/100秒。また、全体的な色調も18mm同様に鮮やかすぎないので、プリプレスによるレタッチ前提の僕からすれば、作り過ぎない色の方がむしろ好み。この落ち着いた自然な色調が好きですね。

 結局のところ「餅は餅屋」とはよく言ったもので、広角はやっぱり広角に特化したレンズに軍配が上がるようだ。オールラウンドな高倍率ズームは便利だけど、「広く浅く」で品質という面から言うとイマイチ。広角撮影をする場合は、SIGMAの「10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM 」を使うようにしたいと思う。ただ、やっぱりスナップなどの多用途の場合は18-200mmにお世話になりたい。何といっても望遠側のVRも頼もしい。

 さて、最後に10-20mmズームのオハコである10mmの画角での画質に迫ってみたいと思う。これは18-200mmでは不可能なので、ソロでお目にかけたいと思う。

●焦点距離「10mm」の世界!

19050818
10mmの世界はフトコロが違う。右の歩道が収まるのは流石!(クリックすると実画像が開きます)

 先の18mmとか20mmの対決で解像感に満足したが、このレンズを手にした満足感はやっぱり10mmの世界を手に入れられることだろう。これを撮ってこそこのレンズを使う醍醐味だ。先の2種類の焦点距離に比べて圧倒的な広さに満足だ。

 では、これだけ超広角にすると解像感が犠牲になるのではないか?特に四隅での色収差が心配になってくるが、これはどんなもんか?早速、右下400pix四方と中央400pix四方をアップしてみた。

19050819 19050820
これまた想像していた以上に収差がない。また、すばらしい解像感に満足だ

 いくらなんでも四隅に色収差がバリバリに出るんじゃないかと思ったが、これまた驚くほど修正が効いている。これだけできれば風景写真用の1本として十分通用するのではないか?77mmというフィルタ径なのでPLフィルタなんか揃えるに費用はかかるが、この広角の世界に特化したレンズはまさしく「買い」だ。さらに、ヒストグラムを見てみると……、

19050821
+0.3EVくらいに補正すれば、適正露出かもしれない……

 ……という感じで、若干暗めであるが必要にして十分な分布だと思う。レタッチで補正しても結構耐えられるのではないか?まあ、18-200mmにしても、撮影確認の段階で背面液晶のヒストグラムを確認して適正露出を決めていきたいものです。

 では、最後にオマケのミリタリーフォトと行ってみましょう。前回の自衛隊のヘリコプターを別アングルに撮ってみました。

19050822
毎度恒例の自衛隊ヘリコプター。ローターがとてつもなく迫力あります

 では、今回はこれくらいでクロスランドおやべを失礼しようと思います。次回は同様の実験を親鸞会・同朋の里さんにお邪魔して行ったので、それをもとに検証してみたいと思います。今度は森林フォトになります。今回以上に木の枝などが複雑に絡み合った被写体で色収差の検証がしやすいと思いますのでご期待ください!

 ではでは。

~今回のリンク~
ヤマダ電機

|

« 超広角10mmの世界(序章) | トップページ | 超広角10mmの世界(親鸞会・同朋の里編) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

いや~~とっても参考になりますし、18~200は万能ではありますが、超広角に特化したレンズにはやはり適わないようですね!!

私もしばらくは18~200でがんばって、その後短焦点の明るいレンズを追加しようと思っています。その後はやはり超広角でしょうかね?!
その前に肝心なD80本体ですが・・・来月にはヨメの許可がおりそうです。

投稿: しゅんぱぱ | 2007年5月 9日 (水) 09時29分

しゅんぱぱさん、久々にコメントありがとうございます。

段々とブログの域を超えて、一記事の重さが非常にヘヴィーになってきました(笑)。実画像のダウンロードは計画的に!?

それはそうと、VR 18-200mmもよくできたレンズですよ。でも、やっぱりズーム幅の大きいレンズになってくると、何かを犠牲にしなきゃならんようですね。しかし、レンズだけ買って……という人も珍しい。こうなりゃ、背水の陣で何が何でもボディ買わないといけませんから、奥様への稟議書も気合いが入るっていうもんですね。来月稟議書が通る見通しというのは、その決意の表れでしょうかね?

お祝いと言ってはなんですが、ブログのリンクをさせていただきました♪

投稿: フォトグラファー猿 | 2007年5月 9日 (水) 09時44分

VR18-200は書評やWebでの評判も
広角側がシャープだけど、望遠が甘い/広角が甘いけど、望遠がシャープ
などと評価が分かれているように見聞きしてます(個体差なのかもしれませんね)。

個人的にはこのレンズ、
「1本で広範囲の焦点距離をカバーできる」
「しかもVR2で、手振れ補正4段分!!」
というのが全てなんじゃないのかなぁと思ってます。

この10-20mmとA16が手に入ったので、どうもウチではVR24-120の使い方が難しくなってきちゃいました・・・。
VR24-120は「1本しか持ち歩きたくない」「旅行で荷物を減らしたい」なんてときの感じですかね。50-120mmのちょっとした望遠という用途(ニーズ)は依然としてあるんですけど(毎度VR70-200を持ち歩くのはちとキツイので)。
↑こういう使い方だと、VR24-120よりVR18-200の方が使い勝手が良さそうなので、いつかリプレイスしたいなぁとは感じてます(単焦点やスピードライトと比べて優先順位はだいぶ後ろなんですけど・・・)

投稿: flipper | 2007年5月 9日 (水) 13時09分

flipperさん、毎度コメントありがとうございます。

まあ、何といいましょうか。諸々のレビューなんか見てみますと、確かに意見が分かれますが、所詮は人のやることですからねぇ。デジカメ本体のランキングなんてのを見てもプロ中のプロでも意見が分かれるわけですし……。その為に、プロ中のプロでも同じ機材を使ってないんですよね。先入観っていうか欲目ってあると思います。

flipperさんのおっしゃるような、どっち側がシャープなんてのは聞きますが、平均にタムロンやシグマの同クラスズームレンズなんかと比較してみると収差が良好に補正されているといったところでしょうか。やっぱり、同じ土俵でやらないとフェアじゃないんでしょうね。

VR 18-200mmの位置としては、全く同感です。VRは魅力的ですもんね。広角も望遠も同じシチュエーションで撮りたいっていう時には、どんなレンズよりも効果を発揮すると思っております。う〜ん、デジタル一眼レフを持つとレンズが欲しくなっちゃって、フトコロに突風が吹き荒れています。

お互い、計画的に揃えていきましょうね(笑)♪

投稿: フォトグラファー猿 | 2007年5月 9日 (水) 14時43分

ども、TBありがとうございました。いや、すごいですね。個人のBlogでここまで検証してるとは…。
10mmの超広角は使い方を誤ると単に難しいだけになってしまうのですが、一度味わうともう忘れられなくなりますよね。それにしても18-200VRをお持ちなのはうらやましい限りです。我がEOS30Dでは、SIGMAのOS版をひたすら待つしかない状況です。

投稿: | 2007年5月 9日 (水) 22時07分

玄さん、はじめまして。

筆不精ならぬタイプ不精なので、ピンポンダッシュならぬTBダッシュで失礼しました。

何といいましょうか、個人のブログでここまでやるというのは、あくまで個人でやっているものなので精度は曖昧ってことですね。参考までに見ていただければ幸いです。

VR 18-200mmも良く出来たレンズですので、頑張って使いこなそうと思っております。なんだかんだと現在のところ標準レンズとしての位置にありますので……。また、玄さんのサイトもちょくちょくお邪魔しますね~♪

また、どうぞお越しを……。

投稿: フォトグラファー猿 | 2007年5月10日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/15005898

この記事へのトラックバック一覧です: 超広角10mmの世界(クロスランドおやべ編):

« 超広角10mmの世界(序章) | トップページ | 超広角10mmの世界(親鸞会・同朋の里編) »