« 凸版印刷のオンラインフォトレタッチを試す | トップページ | Nikon D80の「故障」or「仕様」? <シャッター編> »

縦位置でのストロボ撮影を極める!

 お猿@おはようございます。

 たしかニコンの大人気デジタル一眼レフカメラ「Nikon D80 」のレビューをやっていたはずですが、どういうわけか脱線しまくっています。脱線ついでにストロボ撮影のお話をしましょう。

 室内撮影が多い僕ですので、ストロボ撮影を極めたいと思い、ストロボ撮影のスーパー参考書「デジタル一眼レフストロボ100%活用術 」にて色々と勉強して目からウロコが出る思いをしております。実際に撮影に生かせるワザばかりですのでオススメの書ですね。ビリーズブートキャンプ 以上の即効性がありますのでお試しください。

 それで、僕といたしましてもニコンの純正クリップオンストロボである「SB-800 」を購入しまして、当ブログでも「スピードライト『SB-800』がやってきた♪」を皮切りに、猿は猿なりにストロボ撮影を検証して参りました。その後も、

 ……という感じで記事を書いてきたわけです。特にバウンス角度検証の2記事は無駄にGIFアニメを組み込んだりして読者の皆さんのPCと回線のトラフィックには多大なご負担をおかけしましたことをお詫び申し上げます。ゴメンネ!

 まあ、このストロボ撮影というかフラッシュ撮影シリーズのトドメと致しまして、この撮影方法のラスボス的存在と勝手に思っております、縦位置での撮影にアタックしてみたいと思います。

 ……と言いますのも、通常の横位置撮影ならば、内蔵ストロボでも外付けストロボでもレンズの真上に発光部が来ます。そうなると、当然対角線上にカゲができるのですが、大抵の場合は上から照らすために下に影ができ、それは被写体で隠れてしまいます。その為、あまり影は目立たないわけですね。

 ところが、縦位置撮影の場合はどうでしょう?右に倒そうが、左に倒そうが、レンズの横に発光部が来るので、対角線となりますと被写体の横にクッキリと影が発生してしまいます。しかも、それが被写体に隠れればいいんですが、まずありえないので縦位置のストロボ撮影にはだいぶ苦しめられました。そんなワケで、縦位置でのストロボ撮影を極めていきたいと思います。

 今回のモデルは、我が家のマスコット「毒龍くん」。レンズはポートレート撮影にもってこいの単焦点レンズ「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D 」。絞りはF8で、感度はISO100にしました。露出などは、それぞれに適したものでやっております。

●内蔵ストロボをそのまま発光

 まず最初は、お手軽コースの内蔵ストロボによる縦位置撮影です。カメラを右倒しにしたので、いくらレンズに近いとはいえ、右からのライティングになってしまいます。

1906291
デジカメ初心者の頃にはよくやっていたストロボ撮影ですね

 このまま、発光させると結果を見るまでもありませんね。ハイ、こんな感じです。

1906292
いかにも内蔵ストロボをそのまま発光しましたというような影が発生!

 イヤハヤ、ここまで模範的な影が出るとは……。ここまでクッキリとするとちょっと作品としては……。やっぱり、いちばん手間がかかっていないだけあって素人っぽさむき出しですね。

●SB-800をそのまま発光

 次にやってみましたのは、クリップオン式ストロボをカメラのアクセサリーシューに取り付けての撮影です。先ほどの内蔵ストロボに比べると、発光部のレンズからの位置が離れているのがミソです。

1906293
こうやって見ると発光部がレンズからかなり離れているのが分かります

 では、これもまた結果が分かりきっているような感じですが、勇気を出して行ってみましょう。ハイ、結果はこうなります。

1906294
影のシャープさはないものの、影の幅が広いですね

 あら~、内蔵ストロボで撮ったものより影はボケているものの、影の幅というか大きさはこっちの方がヒドいですね。こんなことなら、内蔵ストロボで撮った方がマシですが、こういう使い方はクリップオン式ストロボの正しい使い方じゃないですよね。以前にも記事で書いた通りです。そんなワケで次のやり方は……、

●SB-800の発光をバウンスさせる

 そうです、バウンスですね。しかも、斜め後方へのバウンスです。

1906295
これぞ究極の斜め後方へのバウンスだ!もうちょっと角度つけても良かったか?

 発光部のレンズからの距離は先ほどと変わらないのですが、直接ぶつけないことでどうなるでしょうか?ハイ、こんな感じです。

1906296
これが縦位置&ストロボで撮った写真だと分かりますか?

 イヤハヤ、見事ですね。影も出ていなければ不自然なテカリもありません。ストロボで撮ったとは思えないほどきれいに撮れています。やっぱり、ストロボ撮影はバウンスに限りますね!一応、バウンスさせることによって光量が落ちるので、露出はプラス補正してあります。

●SB-800でバウンスアダプター使用

 次にやったのが、先ほどの斜め後方バウンスに加えて、発光部にバウンスアダプターを装着してみました。

1906297
蛇足だとは思いますが、バウンスアダプターを付けちゃいました

 あんまり意味がありませんが、これにより発光部の正面に加えて、周辺へ光が拡散されます。ハイ、こうなります。

1906298
バウンスで折角、影が消えたと思ったのに復活しちゃいましたね……

 う~ん、若干の直射光があるので、鼻の下への光の回り込みなどはいいのですが、やっぱり僅かな直射光が毒龍くんの横に薄い影を作っています。薄いとは言っても、幅が大きいので作品としては失格ですね。無理してバウンスアダプターを使わずに、通常バウンスをした方が良さそうですね。光を回り込ませたいならレフ板などを利用したらいいでしょうね。

●SB-800をL型ブラケットに取り付ける

 バウンスではなくて、ストロボからの直射光で撮影したい場合もあると思います。ただ、外付けストロボをカメラ本体のアクセサリーシューに付けたまま発光させると、最初の方でやった通りに真横に幅の広い影ができてしまいます。

 横位置撮影の直接発光でも影ができているのに、なぜ目立たないのかと言うと最初でも書いたとおりで、レンズの真上で発光させるからですね。ならば、縦位置撮影でもレンズの真上で光らせればいいじゃないのっていうことで活躍するのがコレです。

1906299
これがハクバのL型ブラケットが2つセットになったフリープレートWL型(KPT-02)です

 HAKUBAさんから発売されているフリープレ-トWL型 (KPT-02) という、大きさの若干異なるL型ブラケットが2つ入ったものです。2つ組み合わせて使うために、組み合わせられるように設計されています。

19062910
実際に使用するときには、こうやって組み合わせます。畳の上で失礼!

 実際は、こうやってコルク面が同じ方向に向くようにしてT字型に組み合わせます。そして、それぞれのコルク面のネジにカメラ本体とストロボを取り付けます。すると、こうなります。

19062911
ブラケットにカメラとストロボをセットするとこんな感じです

 急に、本格的な撮影セットができたような錯覚に陥りますが、ブラケットをかましただけです。これで、レンズの中心の真上に光軸が来るように2つのブラケットをスライドさせて調整し、ネジで固定します。すると、

19062912
2つのL型ブラケットの位置を調整して光軸の調整をします

 正面から見ると、こんな感じですね。なんかちょっとズレているように見えますが、忙しかったんです!……と言い訳してみる。ちなみに内蔵ストロボが開いていますが、これはD80とSB-800の相性の良さから来ています。そう!この2機種の間では以前の記事でも書きました「アドバンストワイヤレスライティング」があるんですね!

 例の指南書にもこのやり方が出ているんですが、カメラのシンクロ接点にストロボが接続されていないので、カメラからストロボを操作しようと思ったら、TTL調光コードのようなものが必要となるわけです。しかし、ここはD80とSB-800の仲です。そんなコードなんかなくても見えない糸で結ばれているのさ!というワケで、内蔵ストロボさえ開いて、リモート操作ができるようにしておけばTTL調光もバッチリなライティングができるわけですね。

19062913
なんかヌイグルミを撮るために、ここまでする必要があるのかと思えてきた……

 では、撮ってみましょう。ハイ、こんな感じです。

19062914
ちょっと硬い影が顔を出してしまった!惜しいね!

 さすがに光軸の中心にレンズが来ているだけあって、被写体の横に影はできていません。見えているのは、被写体の後方にできた影がチラリと見えている程度。でも、これではちょっと影が濃すぎるかもしれませんね。じゃあ、アレを使いますか……。

●ディフューザーを付けたSB-800を
  L型ブラケットに取り付ける

 ……ということで、先ほどのL型ブラケットに以前にやったディフューザーを追加してみたいと思います。ディフューザーはあのSUNPAKさんの「Diffuser Kit 」のLサイズを使用しました。

19062915
ディフューザーをつけただけなのに、すごいセットっぽくなってきた……

 なんか段々すごいセットになってきたと思う……。

19062916
たまにはこんなハッタリかましたセットも必要なんですよ……

 正面から見るとこんな感じ。正直、カメラに見えません(汗)。

19062917
これでちょっとしたプロ並のポートレート撮影のシステムができたようなもんです

 では、これで撮影してみましょう。勿論、内蔵ストロボを開いておいて、ワイヤレスでストロボを光らせます。

19062918
影は出ているものの、すごく柔らかいので自然な仕上がりでしょうか?

 若干、影は出るものの、かなりやわらかい影になっているのが分かると思います。ハッキリ言って、これは使えるシステムです。かなり、大袈裟なセットになるので持ち運びにも不便ですが、腰を据えて撮影する上では素晴らしい効果が望めます。僕は、数名の集合写真を縦位置で撮影する時に、アンブレラなどで多灯ライティングするまでもない場合にも使っています。

 ちなみに「MB-D80 」などの縦位置グリップなどを使用して撮影する場合は下の段差のついたHAKUBAの「デジタルカメラブラケット 」なんか使うと、これ1つである程度、光軸が揃います。

19062919
縦位置グリップを使用するならば、これだけで十分かもしれない

 ただ、縦位置グリップを使用するとストロボは左側に来るため、SB-800の発光部の回転角度を考えると斜め後方バウンスは使用できません。もっぱらディフューザーを用いた撮影になるかと思いますが、まあこれはこれでいいでしょう。

 そんな感じで、今回の縦位置でのストロボ撮影検証を終了いたします。

 長文で失礼しました。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
信頼と実績のデジカメ・ビデオ激安ショップ!

メディアラボNEXT店
商品代金1万円以上で送料無料・代引手数料も無料です。

|

« 凸版印刷のオンラインフォトレタッチを試す | トップページ | Nikon D80の「故障」or「仕様」? <シャッター編> »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

お初です。
myブログの履歴からの訪問です。
トラックバックありがとう御座います。

中々、熱心なブログを拝見させていただきました。
これからも、お互い頑張りましょう。

ストロボ撮影は、陰を無くすのと、硬い光で、被写体をどの様に、やわらかく撮るのかが、課題ですよね。

★こちらの作品は、ストロボ光での撮影ですが、モデルが、光る衣装を着て、壁との距離が無いので、陰が柔らかくボケてはイナイ悪い例です。もう少し、壁から離れていれば、今流行りの女性の顔のメイクに在る、パールパウダー調に、全身が光るレースクィーンに仕上げられたと思いました。http://blogs.yahoo.co.jp/cameraman_hide/10986565.html

★この作品の上3つは、ストロボ発光撮影なので、瞳にキャッチライトが有りますね。下1つは、ストロボ無し撮影です。
http://blogs.yahoo.co.jp/cameraman_hide/7546548.html


★これからも、宜しくお願いします。
こちらからも、遊びに行きますね。

投稿: cameraman_hide | 2007年6月30日 (土) 00時02分

いや~~・・・ストロボひとつでも奥が深いですねぇぇぇ。。。

基本的のストロボは使わない撮影が好きなんですが、好きとは言っても使い方をよく知らないのと、後付けのスピードライトまで金銭的に無理ってのが今はありまして・・・ただし、そのせいでブレブレのものも多いわけで・・・
素人なもんで単純に影ができたり、変なテカリなんかが嫌だな・・・っと思っていたんですが、上手に使えばやはりよく撮れるんですね!!

投稿: しゅんぱぱ | 2007年6月30日 (土) 02時01分

 コメント遅れました。

> cameraman_hideさん。

 はじめまして。
 シャイボーイなもんで無言トラバ失礼しました。

 ストロボ撮影って奥が深いですねぇ。作品拝見しましたが、キャッチもうまいぐあいに入っていて良い感じですね。また、勉強させていただきます。こっちは中々撮らせてくれる女性がおりませんので、ヌイグルミの毒龍クンにお世話になっております。また、起こしくださいね。

> しゅんぱぱさん。

 ストロボ撮影って中々難しいですね。奥が深すぎてまだまだ勉強中です。
 僕もストロボは使わない派で、自然光オンリーだったんですが、どうしても必要な時ってあるわけですよね。それでゲットしました。
 いずれのスピードライトの購入……応援しています!!

投稿: フォトグラファー猿 | 2007年7月 1日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/15597002

この記事へのトラックバック一覧です: 縦位置でのストロボ撮影を極める!:

» 努力拒絶型!簡単ダイエット体験記まとめ [Mamechishiki-Web!]
楽チンなやり方のみで14kgストーンと減量できたので、その手法をまとめてみました。運動やら空腹に耐えたりとか、しんどい事は全くしませんでした。んで、貧血や冷えが治まってめっさ健康になりました。 [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 15時26分

« 凸版印刷のオンラインフォトレタッチを試す | トップページ | Nikon D80の「故障」or「仕様」? <シャッター編> »