« Nikon D300と頼もしいレンズたち | トップページ | ボチボチNikon D300の買いどきか?それとも…… »

富山県で本格派コーヒーを飲めるお店♪

 お猿@おはようございます。

 最初に断っておきますが、今回は当ブログ初の「グルメ・クッキング」カテゴリーの記事です。それ程の、感動を覚えたものですので、良ければ読んでいってくださいね!

 12月に入って師走ということで、みんなも何かと忙しいわけですが、僕も忙しくてブログ更新しているヒマもないので、コーヒーでも飲んで頑張りたいものです。……とは言うものの、僕は幼少の頃より緑茶派でして「日本人ならお茶を飲め!」という思想の持ち主であり、コーヒー文化は殆どナシ。特に、最近の缶コーヒーにある「ブラック・無糖」なんてのは、ただ苦いだけで美味しいとも思ったことはありませんでした。

 しかし、そんな僕にコーヒーの魅力を教えてくれたお店があったので、今回はババンッと紹介してみたいと思うよ!

 場所は、富山県の中心にある射水市。北陸自動車道小杉インターより南の青井谷という地区を走っていくと左手にそのお店が見えてきます。周囲は田園地帯ということで非常にのどかですが、そこにあります。(地図はコチラ!)

 その名も食事処 サンキュー

1912221
田園と山の中に突如現れた「食事処 サンキュー」

 写真から判断すると屋根から竹が生えているように見えますが、建物の裏の山に生えているだけなのでご安心ください。中に入ると、

1912222
ガラス張りで明るい店内でコーヒーや軽食を楽しめます

 入って右が、ご覧の通りの喫茶コーナーと麺類コーナー。ちなみに他には完全無添加の焼き立てパンを売っているパン工房もあります。ちょっとしたコンビニもあります。

 ……で、この喫茶コーナーが、コーヒー通を唸らせる名店だったりするわけです。中でも特徴的なのが、このコーナー。

1912223
思わず足が止まってしまうコーヒー豆販売コーナー

 右下に置いてある樽の中には数種類のコーヒーの生豆が入っています。それを左のドイツ製の焙煎機で希望する量を焙煎してくれます。この焙煎機は知る人ぞ知るノボ・ローストマスターといって、富山県でも2台しかないとか……。バリスタである店長の話では、日本製の焙煎機とは違って、焙煎時に豆の渋皮も吹き飛ばして取ってくれるのだそうです。

1912224
世界中の豆を生豆の状態で、かなりのお手ごろ価格で販売しています

 樽の中に世界のコーヒー豆を見ることができます。

1912225
生のコーヒー豆がこんな色をしているとは知らなかった!

 ちなみに樽に入っている生豆はこんな感じです。僕も始めて見たんですが、こんな青白い色をしているんですね。もっと、こげ茶色をしているかと思ったんですが、この豆を焙煎することによって、あのコーヒー色というかこげ茶色の豆になるんだそうです。焙煎具合もお願いすれば、その通りに焙煎してくれます。

 このドイツ製焙煎機の「ノボ・ローストマスター」は、目の前で焙煎してくれるので、待っている間見ていて開きません。その様子まで録画してみました。まずは、コーヒーの生豆投入時の状態です。

 まだまだ、青白い豆ですが、焙煎機の中で舞うように攪拌されながら焙煎されていきます。焙煎にかかる時間は量や焙煎具合によって変わりますが約10分。その途中経過はこんな感じです。途中で、カメラが左にパンして何やら映していますが、これは焙煎中に吹き飛ばされた渋皮です。これを吹き飛ばして除去してくれるのが、このドイツ製焙煎機の大きな特徴でもあります。

 段々、黄色く変色してきました。この辺から、周囲には香ばしいコーヒーの香りが漂ってきます。そして、更に焙煎終了間際の様子はこんな感じです。

 う~ん、これこそ見慣れたコーヒー豆ですね。既にかなり香りが立ってアロマって感じです。豆を購入すると、サービスでコーヒー一杯飲めるので美味しさが格別です。

 最後に吹き飛ばされた渋皮だけを映してみました。トルネードでクルクル回っていて面白いです。 

1912226_2
既に焙煎した豆も並んでいます。粉に挽いてもらうならこっちがイイ

 既に焙煎した豆もこのように販売しております。まずはオススメのオリジナルブレンド。100gで290円200gで500円ということなので、かなりオトクです。生豆のところにあるので一番高価なのが「ハワイコナ EXファンシー」っていうのですが、100gで780円となっていますが、これって相場は1000円超えるらしいですね。ちなみに、この重量は焙煎後の重量なので、かなり良心的な値段です。豆で販売ですが、粉に挽いてもらいたい人は、挽いてくれますので安心して購入できます。わざわざ、この豆を買いに遠方から来られる方もあるのだそうです。

 ちなみに、喫茶ですので、ちゃ~んとコーヒーも飲めます。オススメはバリスタの店長が入れてくれる「サイホンブレンド」!見事な手つきでサイホンのコーヒーを攪拌して入れてくれます。

 あまりに美しいので、Nikon D300Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dで撮っちゃったよ!ブログ掲載のための写真ですが、Largeで撮ってしまいました。

1912227_2
本格的にサイホンで入れてくれるのを眺めていました。美しい……

 更に、思わずお願いして、動画でも撮っちゃいました(笑)!そのサイホンテクニックをご覧ください!

 

 ちょっとカメラ向けられて緊張したのか(と言ってもコンパクトデジカメの動画モード)、本人は「ちょっと不満だねぇ……」と言っていましたが、この出来を見る基準は、このサイホンの中のコーヒーが3層に分かれているという事。ヘラで掻き混ぜているだけのように見えますが、これがなかなか難しいのだそうで、バイト君が練習で入れたのを試飲したんですが、同じ豆と道具を使っていながら味が全く違いました。ちなみにこれは僕が注文したコーヒーですので、タダ飲みではありません(汗)。

1912228
上から3層に分かれているのが、美味しいコーヒーの証!

 う~ん、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、3層に分かれていますね。これがなかなかに難しいのだそうです。

1912229
これが店長が直々に入れてくれるサイホンコーヒー♪

 ……で、その店長が直々に入れてくれるサイホンブレンドをいただきました。これは、Nikon D300MACRO 70mm F2.8 EX DGでカリカリシャープに撮ってみました。ハッキリ言って、ただ苦いだけじゃなくって本来のコーヒーの味を堪能できます。ちなみにコーヒー初心者の僕でもブラックで飲んでいます。まじでウマイ!

 更に、サイドメニューのホットドッグがまた名品!

19122210
自家製パンと無添加ソーセージを使用した、絶品のホットドッグ!

 パンはこの食事処のベーカリーで焼いた完全無添加の安心で安全なパン。そして、中に入っているソーセージが、これまた市販のソーセージに付き物の添加物である「亜硝酸ナトリウム」とか「硝酸塩」などのアブナイものが入っていないモノだそうです。発色材が入っていないので、市販のものに慣れている人は「色がイマイチ鮮やかじゃないよネ……」と思うかもしれませんが、それこそ無添加の証拠!実際に食べてみるとメチャメチャうまい!

 一緒に食べに行った親子連れのママさん曰く、

「ウチの子、添加物のアレルギーでウィンナーとかソーセージ食べられないんだけど、ここのは食べても大丈夫なの」

 とのこと。コーヒーとホットドッグで至福のひと時でした。デザートにソフトクリームもウマイです。

19122212
これまたファンの多い、バニラと黒ごまのソフトクリーム

 これまた、Nikon D300MACRO 70mm F2.8 EX DGでカリカリシャープに撮ってみました。ブログ用の写真なのに、かなり無駄の多い機材ですね。シャープなんですけど、やや融け気味なのが気になりますが、その辺は大人の事情ということで気にしないでください。

 手前が「バニラ」。奥が「黒ごま」です。オススメはこの黒ごまソフトですね。これはかなり堪能できます。ミニソフトなら150円で味わえるので、是非デザートに頼みたいものです。

19122211
カウンターで見守ってくれている老夫妻の人形……か、かわいい

 そんなワケで、先週オープンしたてながら、本格派の味が楽しめるお店ということで話題の食事処でした!

 今回は麺類コーナーを紹介できませんでしたが、こちらのブログで紹介されていましたので、是非ご覧ください。関西風のうどんとそばを堪能できますよ!格安の「釜玉うどん」がツボにはまる美味しさです!

 ではでは。

~今日のリンク~
アトピー、アレルギーのこだわり商品をお取り寄せ
中古パソコンのデジタルドラゴン
秋葉原から中古パソコンのぱそすた「パソコン倶楽部」

|

« Nikon D300と頼もしいレンズたち | トップページ | ボチボチNikon D300の買いどきか?それとも…… »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私も、食事処に行ってきました。
コーヒーは、眠気覚ましに飲む苦い飲み物としか思ってませんでしたが、
ココのコーヒーは唯一、味わって「美味しいなぁ」と思って飲めました♪
勿論(?)ブラックで頂きましたよ!店長さん曰く「本当に美味しい珈琲は、
ブラックが一番体にもいいんですよ」との事でした。
麺コーナーでは、「豚そば」というのを頂きました。「そば」と言ってもラーメン
の麺なんですが、普通のラーメンよりあっさりしてて、私コレ大好きです★
パンでは、チョコチップメロンパンが好きです。表面にチョコチップが
乗ってるだけじゃなく、中にもチョコレートが入っててウマウマです(*^U^*)

投稿: 飯田人 | 2007年12月31日 (月) 00時14分

飯田人さん、コメントありがとうございます♪

ここのを飲んで「コーヒーはブラック」という気になりました。今日も、ある人からブラックでコーヒー頂いたんですが、香りから味から全然違いますね。お金かけるだけはあります。

店員さんに聞くと、「豚そば」と「釜玉うどん」は人気商品化しているようです。

パンもチョコチップがお好きですか?良いですよね~。僕はチーズとの組み合わせが好きです。

ただ、パンは人気商品でリピーターが多いので焼きあがる頃に早く行かないと売り切れ続出なので激戦区ですよ。

投稿: フォトグラファー猿 | 2007年12月31日 (月) 01時00分

いつもcoffeeを飲みに来ていただいてありがとうございます。そして撮影のお仕事ごくろうさまです。 珈琲は、やはりブラックですね。そして店長のサイフォン珈琲は格別ですね。私はまだまだ未熟者ですが、いつかはフォトグラファ~猿さんに私のサイフォン珈琲を提供できるようがんばります!

投稿: atyou | 2008年1月23日 (水) 23時23分

atyouさん、さっそくコメントありがとうございます。

いやぁ〜、サンキューのコーヒーを飲むまでは、
「インスタントの方がうまいじゃん」と
砂糖ガバガバ入れて飲んでいたんですが、
サンキューのコーヒーは、
サイホンは勿論、ドリップも美味しいですね!
ここで、「コーヒーはブラック!」というのが分かりました。
僕にコーヒーを教えてくれたお店ですよ!

バイトのA木君が練習でいれてくれたサイホンを飲んだんですが、
う〜ん、店長との味の差が歴然でした。
ただ、撹拌しているだけのようで、あれで味が変わっちゃうんですね!
今度は、atyouさんのサイホンも飲みたいですね。
是非、ワザを盗んでください!

ではでは。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年1月24日 (木) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/17447493

この記事へのトラックバック一覧です: 富山県で本格派コーヒーを飲めるお店♪:

» 食事処……青井谷に突如現れたコンビニ [射水市(旧:小杉町)情報局!]
小杉インターから南方向へ行くことはなかなか無いのですが、12月に入っていきなり青井谷にホッとな店ができました。 その名も「食事処」。 場所は、小杉インターからいこいの村富山へ抜ける県道の、青井谷と野手の集落の間に位置しますので、かなり目立ちます。 食事処 店内の様子 その名前の通り、店舗の中は「うどん、そば」のブース、「コーヒー、軽食」のブースと、「コンビニ」の三つの部分に別れています。 ただ、コンビニはどちらかというと「焼きたてパン」をメインとした内容となっています。 結構... [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 22時03分

« Nikon D300と頼もしいレンズたち | トップページ | ボチボチNikon D300の買いどきか?それとも…… »