« D300の“ビビッド”に惚れた!(親鸞会館編) | トップページ | デジイチ冬の陣!D80後継機出るか!? »

無理矢理 D300 vs D100 やってみたよ!

 お猿@おはようございます。

 昨年の秋に鳴り物入りでデビューしたのがDXフォーマットのフラッグシップ機Nikon D300ですが、このNikon D3ケタシリーズの原点とも言えるのがNikon D100です。中古カメラショップに行くと、よく見かけるモデルだったりします。

 そのD100なんですが、昨日の撮影ロケでお世話になっているところの管理人さんから諸々の諸事情でお預かりしました。元々はスタジオを持って写真家をやっていた人です。ただ、フィルムカメラ専門の為に子供から貰ったD100をどうしてくれようかと悩んでいたところ僕が仕事に行ったので、預かったんですね。

 しばし、我が家に滞在するようですので、この際、愛でてみたいと思うよ!

 ぐへへへへへへへへへぇ~~ぃ…!

 ……というワケで、ちょっと曲がったNikon党のテンションが高まってきた今日、早速、チェックをしてみたいと思います。ただ、チェックするだけでは面白くないので、我が愛機D300とガチンコ勝負を試みてみたよ!D300と「Nikon D200」との比較記事は見かけますが、D100とD300は見かけないよね?

 古きを訪ねて新しきを知る

 って昔の人は言ったらしいので、この際、D300と比較してみたいと思うよ!

 ……で、これが噂のD100ボディです。

2001231
いかにも「一昔前のNikonです」と言わんばかりのオーラを漂わせているD100

 う~ん、D200からD300へというのは、パッと見、区別が付かないほど類似しているのに、コイツは全くもってデザインが違うよね。っていうか、D3ケタという同じ系統を辿っているとは思えないくらいの二卵性双生児っぷりですね。

 ……ということで、正面の写真を並べてみたよ。

2001232
左がD100で、右がD300。明らかに風貌が違うが、共に某C社のデジカメとはベクトルが全く違う

 う~ん、何か黒いですね。そして、丸っこいですね。挙句の果てには、ペンタ部がとんがってますね。とんがった人生もよろしいかと思いますが、個人的にはD300のような平らな人生を歩もうと思います。

 AFモードのツマミの位置から、諸々の位置が違っています。まあ、似ていますけど。そして更に……、

 諸々のロゴが自己主張しすぎっ!

 だよね。ペンタ部の「Nikon」ロゴも、右肩の「D100」ロゴも、かなり自己主張しているよね。D200で更に小さくなって、D300では隙間に押し込んだっていうくらいの存在感のなさです。でも、僕はそんなつつましい大和撫子のようなD300のロゴが好きです。

 では、背面を並べてみましょう。

2001233
左がD100で、右がD300。際立って背面液晶の大きさの違いが目立つ。この差は大きい!

 D100が1.8型液晶モニタなのに対して、D300は3.0型液晶モニタ。並べてみると、その差は歴然!D80と比較したってメチャ小さいです。更に、解像度も低く、視認性もよろしくありません。

20012314
等倍率で撮った両機種の背面液晶。左がD100で右がD300。これだけ違うと使い勝手が全く異なる!

 改めて、「デジカメ」と言う位なら、液晶で確認できてナンボなので大きい背面液晶のありがたさを感じました。

 次は、上面を並べてみましょう。

2001234
上がD100で、下がD300。液晶の大きさや、左のダイヤルが全然違う

 恒例の「積み木」状態ですが、う~ん、上部液晶の大きさが1.5倍くらい違いますね。そして、左のダイヤル部分が全く機能が違う!その辺は、また後ほど述べたいと思います。

 では、まずD300の上部をチェックしてみましょう。

2001235
D300の上面。総じて、露出ボタンなどが大きく押しやすい。液晶も大きく、左のダイヤルも今は慣れた

 もうすぐ2ヶ月になろうというD300と僕の関係ですが、実に見慣れたレイアウトです。左のダイヤル部分がD80から大代わりしているので、当初は戸惑いましたが、今ではかなり慣れたもんです。撮影モードダイヤルが、ボタン+コマンドダイヤルという操作体系なので、誤動作が少なくなって重宝しています。被写体に応じてチョコチョコ設定を変える「QUAL」「WB」「ISO」の設定ボタンがダイヤルの上部に配置されているので、非常にわかりやすい。

 では、次にD100の上部をチェックしてみましょう。

2001236
D100の上面。総じて、露出ボタンなどが小さく押しにくかった。左のダイヤルは伝統的なものなんだろう

 う~ん、全然違いますね。同メーカーのモデルかと思うくらい違います。何が違うって左のダイヤルですよね。撮影モードダイヤルの延長上に「QUAL」「WB」「ISO」というもの。従ってAモードにしたままでISO調整とかできないんですね。でも、チョコチョコいじるので撮影モードも常時チェックせざるを得ないので、ミスは防げるかも……と思いますが、D300の方が操作はしやすいですね。

 また、シャッターボタンの中央にレリーズケーブルを挿す穴があいているのが特徴的。D300は前面に10ピンターミナルがあって、そこにリモコンケーブルを接続して操作するという形なので、この辺も違いますね。

 では、その正面をチェックしてみましょう。

 まずは、D300から。

2001237
D300の正面。右の2つのターミナルとラバーキャップが特徴的。あと赤の逆三角形も

 マウント周辺にはプレビューボタン、レンズ脱着ボタンに加え、ファンクションボタンがついているのが特徴。また、右に10ピンターミナルとシンクロターミナルがあって、ラバーキャップが付いているのも特徴。ニコンのトレードマークである赤のワンポイントはシャッターボタンの下に逆三角形についている。

 次は、D100をチェック!

2001238_2
D100の正面。実にシンプル。赤のワンポイントもタラコ状

 マウント周辺のファンクションボタンがないのが特徴。あと、AF補助照明がやけにデカイ。赤のワンポイントはグリップの指先が当たる部分に「タラコ状」についている。モードダイヤルがD300は斜めについているのに対して、水平についているのもデザインの差を感じる。

 では、次に背面に行きます。

 まずは、D300から。

2001239
D300の背面。液晶が大きいがボタンも大きく機能的。丸いボタンなので非常に押しやすい

 中央の液晶が3型ということもあって、レイアウトに制限があるようだが、なかなかに余裕のあるレイアウト。左の5連ボタンも右のマルチセレクタも大きめで実に押し易い。

 では、D100は?

20012310
D100の背面。液晶が小さいがボタンも小さい。円形でないので力の入れようで押しにくい

 ご覧の通り、液晶が小さいものの、周囲のレイアウトは非常にムダがある。各ボタンが実に小さい。背面にCFカードスロットのカバーがある為か、マルチセレクタも小さめで非常に勿体ない。各ボタンの役割もかなり違っているのが面白い。

 ……と、ここまでD300の液晶が大きいの何だのと言ってきたが、D100にムダに大きいものがあった。それがこれだ!

20012313
左がD100、右がD300のミラー。よく見るとD100はフルサイズ並のミラーを有している

 不変のニコンFマウントの中にある、ミラーですね。

 D100のミラー大きすぎっっ!!

 FXフォーマット機なんじゃなかろうかと言わんばかりのデカさです。フィルムカメラのボディにフィルムバックを着けただけじゃないかと言われても文句の言えないミラーのデカさです。

 でも、大は小を兼ねると言うし、いいよね!

 きっと、NikonはD100の時代からFXフォーマットを考慮してミラーも作っていたに違いないwww!

 では、肝心の写りはどうなんだろうか?

 D300は1230万画素CMOSに対して、D100は610万画素CCDということで、ダブルスコアだ!でも、画素数としては、NikonのエントリーモデルのD40と同じ画素数。当時はプロ仕様とも言われたD100だが、今となってはエントリーモデルの画素数と同じだとは……。デジタルの流れの速さを痛感します。撮り比べてみると……、

20012311
左がD100、右がD300の作品。大きさが倍ほども違うのは仕方がない?WBも全然違うね。

 ……という感じですね。ピクセル寸法で比較してみると、これくらい違います。AWBでISO200のD100はモードII、D300はニュートラルで撮っています。

 あ、ちなみに被写体は、新旧のデジタルカメラマガジン!左がデジタルカメラマガジンの16号!当時はなんと隔月刊だったりして特集のタイトルが、

 「デジタル一眼レフ 始まる」

 ……だったりする。随所に「時代はデジカメ」という、デジカメそのものを売り込む文句が書き連ねられている。ちなみに隣にあるのはデジカメマガジンの最新号です。

 では、同じ範囲をそれぞれ拡大して見てみましょう。

20012312
左がD100で、右がD300。部分拡大したが、画質の差は歴然!懐かしい機種が並ぶ!

 う~ん、鮮明さがまったく違いますね。エッジが全く違います。ついでに、コダックとかビクターといったデジカメ業界ではトンと姿を見なくなった企業が頑張っているのに目を細めていました。あ、この対決では、同じレンズを使っていますが、D300のEXPEEDによる倍率色収差補正の恩恵もあってか、D300はニジミも少なく非常にクリアですね。改めて、D300の描写の良さとD100からの格段の進歩を感じました。

 ちなみに、使っていて分かったんですが、D100のISOのベース感度はD300と同じくISO200だったりするんですね。驚きました。

 ま、そんなワケで、今日このカメラは僕の手から他に渡るわけですが、D300の原点を見たような気がして、これからD300をますます大事に使いたいと思うのでした。こんなD100でも、5年ほど前は人気商品だったらしく、富山のアルペンスタジアムで行われた阪神vs広島戦の取材で毎○新聞のカメラマンが使っていたり、知り合いのカメラマンが助っ人で呼んできたカメラマンも使っていたというスペックの持ち主だったのです!

 まあ、時代は変わって行きますよね。D80が戻ってきたら、そいつも大事にしよう!

 古いデジカメをいじるのも中々楽しいですよ!

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
ビデオカメラ、プロジェクター、デジカメ、カメラのレンタルなら「レンタルカメラショップ」

|

« D300の“ビビッド”に惚れた!(親鸞会館編) | トップページ | デジイチ冬の陣!D80後継機出るか!? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

なるほど、温故知新ですか・・・
D70を使っていましたが、よくD100と比較されていたのを覚えています。
ヒトケタ機のD2Hsの中古が10万ソコソコで入手できてしまうくらいですから、陳腐化はとても早いですので、Bodyは資産として考えられず「消耗品」と割り切ったほうが良さそうな感じです。でも、古い機種にある種のノスタルジーはやっぱり感じてしまいますね・・・。
次から次へとPCの用に数年サイクルで乗り換えていkと思いますけど、D70は自分の原点なので、もしかしたら中古でまた記念に買い戻してしまうかもしれません^^A
もっとも、価格がタダみたいに安くなってからですけどねw

投稿: flipper | 2008年1月25日 (金) 00時12分

flipperさん、いつもありがとうございます。

僕がデジイチをいじりだした頃は、某C社のEOSでしたので、Nikonのデジイチ開拓者を知らない世代だったりするんですよねー。D3ケタで知っているのはD200以降だし、D2ケタではD80以降……。
D100はフィルムカメラの面影を持っていて面白かったですね。
D70も人気の機種だったそうで……。

それにしても、ニコンサイトでは30万となっているD100が今では3万くらいで売られているのも……。う〜ん、デジモノの寿命は短いですね。
D90が出たら、D70は叩き売りでしょうね!

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年1月25日 (金) 10時02分

はじめまして!
D300の購入を検討しているD100ユーザーですwww

D300 vs D100 とても参考になりました(^^)
これでD300の購入意欲に拍車がかかりました。

その他、各検証記事も楽しく拝見させていただきました。
すごい検証ですね!とてもすばらしい。

また今後の記事も楽しみにしております。
ありがとうございました!!

投稿: KEN | 2008年1月25日 (金) 20時01分

KENさん、はじめまして!
そして、コメントありがとうございます!

デジモノの世界でD100とD300を比較しちゃってすみません!
たまたまD100を預かることがあったので、ついつい……。
でも、D300の購入意欲に火をつけてしまったようで、これが良かったのか悪かったのかは判断が難しいですが、僕としては良かったと思います!いや、きっと良かったに違いない!

また、色々と検証していきますので、気になることがあったら代理で検証しますので、遠慮なくどうぞ……。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年1月27日 (日) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/17808137

この記事へのトラックバック一覧です: 無理矢理 D300 vs D100 やってみたよ!:

« D300の“ビビッド”に惚れた!(親鸞会館編) | トップページ | デジイチ冬の陣!D80後継機出るか!? »