« D300用三脚選び “El Carmagne 635” (2) | トップページ | Nikon D60って案外良かった♪ »

tamracのカメラバッグ“5612 Pro 12”に乗り換え

 お猿@おはようございます。

 諸々のレビューが入り乱れて行われていますが、今回も他のレビューが途中なのに新たなレビューを割り込ませます。

 昨年初頭に初のデジイチである「Nikon D80」を購入してからというもの、カメラ関連の装備をそこそこに揃えるつもりであったのが、昨年末にはNikon待望のDXフォーマットのフラッグシップ機「Nikon D300」が発売になり、大人の事情でそれがお猿のものになったりしてデジイチ2台体制になりました。それに伴い色々と周辺が賑やかになっていきまして、気がついたら……、

2002211
D300とD80の「夢のカメラ2台体制!」なんて言いながら、既にバッグに入りきりません

 ……と当初購入した格安のカメラバッグに入りきらなくなっていました。これはD80を購入する時に同時にキタムラで購入したハクバのSHOOTING BAG NEO Mというもの。カメラ1台にレンズかストロボが4本入るのが基本仕様。仕切り次第では色々にアレンジできるものの、ポケットなんかも色々とついていて4000円弱というエコノミーな価格設定だった。収納能力も丈夫さも備えて、大きすぎず気に入っていました。まあ、購入当初はD80とストロボとレンズ2本くらいしか考えていなかったので、これが一杯になるとは思ってもみませんでした。

 しかし、レンズ沼にはまってしまったお猿は気がついたら深みに……。カメラバッグに入っていたものと収納しきれないものまで全部出すとこんな感じになっていた。

2002212
押収品の展示みたいになった。現在の機材を陳列。他にも三脚とか丸レフ等があります

 かさばるカメラ本体とレンズ、そして、ストロボをピックアップしてみると……、

 ……という感じだ。ものの見事にニコンかシグマ製品しかない。カメラ2台にレンズが6本。ストロボ1台という内容。それにしても、よくここまでかき集めたものだ。

 まあ、1度の撮影で全部の機材を使うわけではないので、必要なものだけバッグに詰めればいいのですが、カメラ2台体制で臨むのはプロの鉄則ですし、僕の撮影スタイルというのが主としてイベント取材的なものが多いので、1回のロケで色々なものを撮らねばなりません。スナップからちょっとしたブツ撮りまで……。そうなってくると、ひとまず全機材は持って行かないと困ることが多々あるわけですね。

 そういうわけで、ネットを徘徊して安いところで注文しました。カメラ機材で安いのは今までもお猿が愛用してきたメディアラボNEXTさんか三星カメラさんなんですが、どういうわけかバッグに至ってはカメラのキタムラ インターネット店さんがズバ抜けて安かった上に品揃えも豊富だったので、ここでポチッとしてしまいました。ここの特徴は何と言っても全国チェーンの強みでして、ネット注文でも店頭受取り&支払いが可能だということ。そうなると近くにキタムラがあるので、そこで受け取ってきた。

2002213
お猿愛用のリアル店舗「カメラのキタムラ 高岡姫野店」。ここで受け取りました

 お猿最寄のキタムラは色々とあるのですが、身近なところで規模は小さめながら何かと使い勝手のいい高岡姫野店。D80購入時から大変お世話になっている店舗です。店長さん直々に店の奥からお目当てのバッグを持ってきてくれました……が、

2002214
さすがにアメリカは大らかだぜ!この大雑把なラッピングが過剰包装に反してエコロジー♪

 ……というようにビニール袋に入っているという何というか潔いラッピングです。しかもスケルトン!……で、一体何をゲットしたのかと言いますと、

 tamrac(タムラック)の“5612 Pro 12

2002215
これがtamracの“5612 Pro 12”だ!三脚用のストラップもついている

 tamracと言えば、バッグで言えばそこそこのブランド物ですよね。まあ、ドンケとかテンバなんていうのもありますが、大型バッグならタムラック!というようなイメージがありまして、これにしました。

 ソフトタイプのカメラバッグですが、カメラ2台に加えてレンズも6本ほど入る結構入るモデルです。そのくせ、大きすぎて大変ということもないサイズを選択しました。直前まで同じ量の機材が入ると公言している弟分の“5608 Pro 8”を発注しようかと思っていたのですが、寸法を見てみると今まで使っていたハクバのバッグと大して変わらなかったので、収納スペース的に余裕のありそうなPro12に決定!

2002216
バッグの上のフタにはtamracのロゴが!下のPro12の刺繍もなかなか……

 ちなみに、ハクバに比べてどれくらい大きくなったのかと言いますと……、

2002217
ハクバの旧バッグ(左)と並べてみた。左右の長さが明らかに違う

 そのまま並べてみるとこんな感じです。高さも長さも目に見えて大きくなっていますが、奥行きはあまり変化がないように見えます。それなので、上から見てみました。

2002218
上から見たところ。左がハクバで右がタムラック

 う~ん、やっぱり、長さはかなり伸びています。これはハクバのバッグよりもカメラ1台分多く入るためのスペースと見ていいでしょう。それにしても、幅の変化があまり見られないようですが……。フタを開けてみますと、

2002219
フタを開けてみました。左がハクバで右がタムラック。仕切りの数がやたらに多い

 ……という感じ。この写真で上下方向に伸びて見えるのは、やはりカメラ1台分のスペースでした。レンズが多めに入るように見えるのは、カメラにレンズを装着したまま収納できるということらしく、仕切りの中央にレンズを通すための凹みがあります。それにしても、左右方向の幅に関しては、今まで2本入っていた幅をちょっと広げただけなので3本分のレンズが入ることを考えると、ちょっと窮屈かも知れない。レンズにフードを装着したまま収納することができるのだろうか、と心配にもなった。

 さて、比較はこれくらいにして、細部を見てみましょう。まずは、フタの留め具です。バッグ正面には、今までのハクバにもあったように左右2箇所に留め具が付いています。

20022110
バッグ正面に留め具が2つ付いています

 そして、タムラックの凄いのがここからで、バッグの左右の肩にも留め具が1対あります。フタだけで4つの留め具が付いています。

20022111
バッグ左右の肩にも留め具が1対付いています。これは今までになかった

 それなので、バッグを開けるときには4つの留め具を外してかからないといけないのですが、これを外しても更に関門がありました。

20022112
更にフタはファスナーで密封されるので、雨などが簡単に入らないので安心設計

 本体とフタの間がファスナーでキッチリと塞がれています。開閉時には4つの留め具とファスナーを外すことが必要となりますが、撮影モードになった時は正面の留め具だけで閉めておくとか、ファスナーだけで済ませるとかしておけばいいんでしょうね。移動時にはキッチリ閉めておけば問題ないと思います。むしろ、僕は雨の多い富山在住ですので、このファスナー付きを選んだくらいですから。キッチリと機材を守ってくれそうです。

 ちなみにフタの裏には、

20022113
バッグの上面のフタの裏にも小物収納用のポケットが2つ付いています

 こんな感じで左右に2つのポケットがあって小物が収納できます。これもファスナーが付いているので、バッグの中でバラバラになることはありません。

 そして、正面の小物入れのファスナーを全開すると、

20022114
バッグ正面の小物収納です。かなり、分類してしまうことが出来そうです

 こんな感じでパッタリと開きます。ここもファスナー付きで色々と分類して入れられます。

 そして、更にバッグの左右にも、

20022115
バッグ左右のポケットはマチ付きなので、厚みのあるものを収納しやすい

 ……ということで、他のポケットよりもマチのあるポケットがあります。ここはファスナーではなくベルクロで留めるのですが、フタが包み込むようにポケットを覆うので雨水などは入りにくくなっています。マチ幅があるので、厚みのある充電器などを収納するのが良いかと思います。

 さて、そろそろ旧バッグから引越ししようかと思います。……と見つけたのが、バッグに付いていたこの説明書らしきもの。

20022116
どことなくバター臭い色味の説明書

 英語で書かれていますね、ちょっとヤな予感。

20022117
全部英語なので細かいことは分かりませんが、図解である程度分かる気がする

 開けてみて予感的中です。でも、図解で収納例があるので、それを見ながら模範的な収納をしてみます。

20022118
現在の機材でパンパンになりました。これで、バッグ1つでロケに行けます

 ……できました。D300とD80の両方にレンズを装着して収納が可能なのですが、2台体制ということはあまりないので、D300のみにVR 18-200mmを装着して収納。今さらながらですが、D300とVR 18-200mmの相性はバツグンだと思います。EXPEEDの倍率色収差補正が強烈に効いているというのもありますが、D80との組み合わせ以上に描写が美しいのでデフォルトはこれでいきます。それに、18-200mmという焦点距離は扱いやすく、D300にはめておけば、とっさのチャンスにも対応できます。

 あとは、それぞれのレンズとストロボを配置。ストロボは多用する主義なので、出し入れし易いスペースに収納。

 小物入れの中でも、上のフタに一番頻繁に使うものを収納。C-PLフィルタとかコンパクトフラッシュ、SDカードを収納。

 そうすると、結構もっさりとしますが、バッグのフタを閉めるとこんな感じです。

20022119
パンパンに収納しても、フタを閉めてしまえば案外スマート♪

 意外とコンパクトっぽく見えません?ちなみにこれをお猿が肩からかけるとこんな感じです。

20022120
左手の浮き出た血管は気にしないでください

 昨日の反省を活かしまして、セーターを着ました(汗)。思ったよりスマートっぽく見えますが、レンズをあれだけ詰め込むと、ガラスの塊を持っているようなものなので結構な重量になります。しかし、ロケ地への移動で、これと三脚を持ち運ぶスタイルなので問題ナシ。車にはハクバの旧バッグも積んであるので、明らかに使うレンズがハッキリしている場合には詰め替えて持ち運びます。

 まあ、そんな感じでカメラバッグがリニューアルしました。今までいくつかのバッグに小分けに持っていたので大変でしたが、カメラバッグと三脚というシンプルな装備で行けますので「ああ、あれを持ってくれば良かった!」という後悔はなくなると思います。

 そんなワケで、10-300mmの焦点距離は確保できましたので、今後は簡単にレンズは増えないと思いますので、暫くこれで頑張ろうと思います。まだ、収納方法は実験段階ですので、今後の撮影スタイルによって仕切りなどのカスタマイズもやっていくと思います。

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
バージニア工科大学の学生、画期的な「重力電灯」を発明
浄土真宗講座

|

« D300用三脚選び “El Carmagne 635” (2) | トップページ | Nikon D60って案外良かった♪ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!!
バッグも大型化して収納力が増したようで・・・またレンズが買えますね^^A
そんな方々向けにNikonでキャンペーンがはじまっていますw
http://www.nikon-image.com/jpn/event/campaign/vr_cashback/index.htm
これでVR70-200も?!

投稿: flipper | 2008年2月22日 (金) 09時59分

flipperさん、またまたコメントありがとうございます。

いやぁ、なんだかんだ言ってもバッグ大型化したといっても、すでにパンパンですので……。F2.8通しレンズなんて入れた暁には……肩が脱臼しちゃいますwww!
そもそも、バッグが大型化したってレンズは買えません(泣)!バッグよりも必要なのはマネーですので……。でも、「バッグの隙間を見ては、ここに何を入れてやろうか?」と考えている自分がいます。

5000円キャッシュバックキャンペーンは粋ですねぇ!できれば、購入時に5000円引いてくれればそれでいいんですがね。ニコンの金色ボックス切るのも忍びない。まあ、フラッと5000円返ってくる方がオトク感があるのでしょうけど。

VR 70-200mmもいいのですが、24-70mmも憧れのあの子状態です。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年2月24日 (日) 00時01分

お猿さんはじめまして。smile

毎日欠かさずチェックさせて頂いてます。

望遠レンズ購入を機に、そろそろカメラバッグを購入しようと思い、

改めてこちらののページを再読させていただきました。

タムラックのその後の使用感などを教えていただけると
ありがたいです。

機能よりおしゃれなバッグか?機能重視か?で迷ってます。

お勧めなどありましたらご教授くださいませ!!

なお、持ってる機材等は、お猿さんと近いものがありますcamera

よろしくです。

投稿: 本土最南端のnikon党。 | 2008年9月16日 (火) 11時54分

本土最南端のnikon党さん、はじめまして!

コメントありがとうございます。
毎日更新していないのに、毎日チェックしておられたとはっっ!実に申し訳ないです。頑張って更新しますね!
望遠レンズとは何でしょうか?お猿の所有のVR 70-300mmなら、このタムラックに縦入れでスッポリ収まります。大きめのバッグなのでD80とD300はバッチリ収まっていますし、他のレンズ群もうまく収納できます。ただ、やっぱり大きいので室内撮りであまり動かない場合は、その場所までタムラックを担いで行きますが、おわらとか五箇山なんかの撮影では、車内でリュック型のバッグに入れ替えて持ち歩いています。フットワーク重視でしたら、このタムラックは不向きですが容量勝負の時は、肩ひもを短めにして腰で担げばあまり苦になりません。
そんな感じですね。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年9月16日 (火) 21時36分

お猿さん、早急なお返事ありがとうございますsign03

持ってる機材は

D300&D80
VR70-200mm,
VR18-200mm,
DX 18-70mm
タムロン 90mm マクロ
トキナー 107 フィッシュアイ
SB-800、三脚、一脚 等です。

本当は、お猿さんみたいに風景写真に挑戦したいのですが、
子供の写真(運動会)や、結婚式、ブツ撮りなどになってしまってます。
ん?という事は、フットワーク重視でいいってことですかね??

それにしても、お猿さんのブログが始まった当初は
腕の違いがそんなに感じられませんでしたが、(失礼coldsweats01
今では同じ機材でここまで違うものか…とただただ感心するばかりです。
これからも頑張ってNikon党の為に素晴らしい情報を提供してくださいhappy01
ヨロシクっす!

それと、『龍の巣』感動しました。

投稿: 本土最南端のNikon党 | 2008年9月17日 (水) 06時39分

本土最南端のNikon党さん、更にコメントありがとうございます!

機材を見て似ているとはいえ、かなり“濃い”機材をお持ちと思いました。まさか、フィッシュアイもお持ちとは!!VR 70-200mmが羨ましいです。望遠レンズを購入とはコレのことでしょうか?VR 70-200mmなら横倒しで入ると思います。
それはそうと、フットワーク重視って感じで良いと思いますが、運動会なら観覧席、結婚式なら会場の隅っこに、ブツ撮りなら“ブツ”の横にでもタムラックを置いて切り替えて使えるかなと思います。一応、D80とD300の二刀流ができますからねっ!
お猿用語では、タムラックを置いてある場所を「基地」と呼んでおり、そこから小型のリュックで持ち歩くことになります。比較的「基地」からの行動範囲が狭い運動会とか結婚式ならタムラックでいいんじゃないかなぁと思います。
さて、お猿のブログが始まった頃っていつ頃からロムっておられたんですかっ!?ちょい恥ずかしいですねぇ。今でも恥ずかしい写真ですけど……。これからもブログ書きながら勉強していきたいと思います。最近は金欠ゆえに物欲はあっても新機材を導入できずレビューモノが停滞していますが、現機材でもまだまだレビューはできますし、撮影日記は書けるので頑張ります!
『龍の巣』も見ていただき、ありがとうございました。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年9月17日 (水) 10時29分

お猿@さん、またまた早急なコメントありがとうございます。

私、言い方がまずかったです( ̄Д ̄;;

始まった当初と言っても、自分の中では
お猿さんがD80を購入したあたりからという意味でして…(Nikon党だけに)
(もちろん、後戻って最初っから全部見させて頂きました)

パソコンの事等も結構詳しくレビューされており、
すべての記事が興味深く、おもしろかったです。

お猿@さんもMac持ってたんだモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!…と変な親近感を覚えたのも確かです。

私はMacG3からWindowsに浮気をし、G4G5を飛ばし、インテルMacで真のMac信者となり(笑)
今は20インチと24インチの二台体勢です。
ちなみに業界のものではありませんヨhappy02まったくのド素人ですcoldsweats01

また機会があったら、パソコン関係の話等も書いて下さいね。

そうそう、『基地』いいですね〜!
密かにロープロのトップローダー75AWもいいかなぁ〜って思ってたんですが
『基地』という発想が無かったです(笑)
検討してみますね。

投稿: 日本最南端のNikon党 | 2008年9月17日 (水) 14時22分

本土最南端のNikon党さん、コメントありがとうございます!

……って、本土最南端ってどこだっけ?Wikipediaででも調べてみようかな?
最初っから見ていただけたとは!結構大変じゃないですか?最初はカメラネタって殆どなかったし……。

それにしても、Macintosh信者だったんですね!これはオドロキ!しかも、マックテルとは!羨ましいですねぇ。ブートキャンプも駆使してるのでしょうか?パソコンネタは最近ご無沙汰していまして、FXデビューするその日まであり得ないかも!

バッグに基地としての役割を持たせるのは良いですよ。車で運ぶ時は1つにまとめて入れて、撮影が終ったら、タムラックごと自室に持ち帰ってメンテナンスって感じです。全機材を1つにまとめられるのは良いですよね。ただ、フットワークは格段に悪くなるので、そこからは小回りがきいて両手が使えるリュックタイプに分けるのが良いです。これにレンズ4本くらい入れられるので、結構運べます。これが、お猿のスタイルですね。

参考までにどうぞ!!

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年9月20日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/40214971

この記事へのトラックバック一覧です: tamracのカメラバッグ“5612 Pro 12”に乗り換え:

» adidas bag が激安 [adidas bag が激安]
adidas bag が激安,adidas bag が激安,adidas bag が激安 [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土) 08時24分

» nike zoom が激安 [nike zoom が激安]
nike zoom が激安,nike zoom が激安,nike zoom が激安 [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土) 19時06分

« D300用三脚選び “El Carmagne 635” (2) | トップページ | Nikon D60って案外良かった♪ »