« 合法的にチューリップを切断する人を撮る | トップページ | 四季の五箇山「春の宵」に行ったケド… »

EPSON PX-5500待望の後継機PX-5600発表で言いたい放題

 お猿@おはようございます。

 前回も書いたことですが、完全にブログ更新のペースがガタ落ちしています。船場吉兆は廃業することになったそうですが、当ブログは更新ペースが落ちても廃業する意思はございません!まあ、何といいましょうか。当ブログの性質上、記事一つにかかる手間がバカにならないものがありまして、ちょっとまとまった時間がないと素材集め段階でつまづきますので停滞しやすいんですね。記事にしたいネタそのものはGW関連も含めて、これからの梅雨で腐るほどあるのですが、なかなか記事にできずにヤキモキしています。

 これからの記事、ちょっと古いネタになるかもしれませんが……、

 他の客に出したネタを使いまわすことはしないので、

 これからもご贔屓にお願いいたしヤス。

 ……ということで、毎度長い前口上はこれくらいにして本題に入っていきたいと思うのですが、GWネタをバババッとやっていきたいと思いきや、一昨日の5月26日にEPSONの新インクジェットプリンタが発表になったと聞きましたので、そのネタを一つ……。

 今まで当ブログでは、カメラやレンズなど、お猿の入力側、つまり、インプットな話題ばかりを提供してきました。そういえば、出力側、つまり、アウトプットな話題を全くしていなかったな……と思いまして、このニュースは、そんな話題をするキッカケになるなとも思った次第であります。

 家にはキッチンがあるからにはトイレがあるように、写真は入力から出力まであって完結するわけです。いずれは、出力側のこともネタにせねばなるまいと思っていたわけですが、思いもよらず早まってしまいました。

 それで、お猿の出力側の環境と言えば……、部屋の隅っこにあるコレであります。

2005281
お猿の部屋の片隅にある和テイストで怪しげなオブジェ

 とてもプリンタカバーなんて買うお金がないので、いつもは日本の誇る便利なアイテム「ザ・風呂敷」に包まれているのですが、この中はコレが入っています。

2005282
実は作品作りに、プロ御用達のA3ノビ対応顔料プリンタ「PX-5500」があったりするのです!

 そう、EPSONの誇るプロユース用でA3ノビ対応のMAXARTシリーズPX-5500です。発売以来2年以上経っているのに、根強い人気のある名機であります。お猿は当初、ややコンシューマ向けのPX-G5300にしようかと悩んだ時期もありましたが、最終的にグレーインクの存在などでPX-5500にした経緯があります。

 今年のPIE2008のEPSONブースにてPX-G5300が大々的にPRされていた中、担当者に「PX-5500の後継機は、ボチボチ出ますかねぇ?」と、知っていてもどうせ答えられんだろうと思われる質問をぶつけたお猿ですが、その時は「まぁ、開発はやっているのは間違いないでしょうけど、そういう話は聞いていません」と予想通りの答えが返ってきた。その僅か2ヵ月後に出た答えがコレだ。

プロが認めるプリント品質をめざした「エプソンプロセレクション」シリーズ
「VM(ビビッドマゼンタ)インクテクノロジー」搭載で色域拡大を実現
■A3ノビ対応インクジェットプリンタ『PX-5600』新発売

 ……と、アッサリとPX-5500の後継機になるPX-5600を発表してきたのだ。発売時期はまだまだ先どころか、目の前の6月5日だそうな。

 嗚呼、腹立たしい……。

 いやぁ~、こういう発表ってPIEみたいなところで発表しなくてどうすんのっ!と言いたいが、まあやっちまったことは仕方がない。ぱぱっとPX-5500とPX-5600についてクドクドやってみたいと思う。

 まず、お猿がPX-5500を選択した理由は、顔料インクということ。

 様々な業種からフォトグラファーになる人がいる中、お猿はDTPオペレーター出身である。その中でも、フォトレタッチがメインとなっていた。DTPをやるからには、CMYK4色によるオフセット印刷が最終目標であり、オフセット印刷のインクと言えば顔料インクなのだ。そうなると、染料インクよりも馴染みのある顔料インクに軍配があがる。まあ、それ以外の理由もあるのだが……。

 それから、次の理由がインク構成が基本的なCMYKベースであるということ。CMYKならば4色積んでいるべきだが、PX-5500は8色構成になっている。8色と言っても、

  • C要素LC(ライトシアン)C(シアン)
  • M要素LM(ライトマゼンタ)M(マゼンタ)
  • Y要素Y(イエロー)
  • K要素…LGY(ライトグレー)GY(グレー)、BK(ブラック)

 ……ということで基本構成は、あくまでCMYKだ。いくらCMYKプリンタだのRGBプリンタだの、AdobeRGB対応だのと言ったところで、白い紙にインクを持って着色をした段階で減法混色に頼ることになる。そうなると、純粋にRGBの補色であるCMYを用いた印刷がシンプルで扱いやすい。

2005283
8つのインクカートリッジをセットする。フォトブラックとマットブラックの同時装填が望まれる

 ちなみに、PX-G5300も顔料インク使用でA3ノビプリンタなのだが、同じ8つのインクタンクを搭載していながら、インク構成が全く異なる。

  • C要素C(シアン)
  • M要素M(マゼンタ)
  • Y要素Y(イエロー)
  • K要素…BK(ブラック)
  • その他の色要素…R(レッド)O(オレンジ)
  • 特殊インク…GO(グロスオプティマイザ)

 ……となっている。最後のグロスオプティマイザは光沢のためだけに存在するので、無色であり、色は構成していない。そうなると、実質は7色となる。ただし、C要素とM要素がPX-5500はライト寄りにLCとLMをそれぞれに用意しているのに対し、PX-G5300は1色だけであり、K要素に至っては、PX-5500はLGYとGYも加えた3色構成になっているのに対し、PX-G5300はKのみである。その代わり、PX-G5300はRGBのR領域を伸ばす為か、ストレートにRインクとOインクを用意しているのが大きな違い。

 オフセット印刷で言えば、ヘキサクローム印刷に近いものがある。逆にPX-5500はCMYそれぞれのチャンネルの階調の繋がりを重視してかライトインクを用意して、あくまでCMYK印刷にこだわっている。ただ、感服するのがグレーインクの存在だった。

 PX-5500のレビュー記事などで、グレーインクの存在と言えばモノクロ印刷のグレーの安定性がことさら述べられているが、DTP業界の印刷屋の観点から言えば、むしろカラー印刷の安定性にこそ貢献していると言ってもいいと思う。

 通常なら、光の三原色と言えばRGBで加法混色とも言って、それぞれの要素を加えれば加えるほど白くなっていく。反対に色の三原色と言えばCMYで減法混色とも言って、それぞれの要素を加えれば加えるほど濁っていき最終的には黒くなる。ならば、CMYだけでいいはずなのに、あくまでオフセット印刷の現場ではCMYKなのだ。

 というのも、CMYが減法混色という様に、光のある要素を吸収して反射した色が見えるという仕組みなだけに、完全な反射と吸収をしなければならないのだが、実際のインクではそんな理想的な反射と吸収はしてくれない。余計な反射をしたり、余分に吸収したりして、CMYそれぞれのインクが微妙に色転びが起きてしまう。したがって、CMYを等値でかけ合せれば完全なる無彩色、つまり、グレーになるはずなのだが、どこかしら赤カブリやら青カブリといった色転びが起きてしまう。

 そこで、完全なグレーたるKインクも加えて、特に黒い箇所を極力グレーに近づけているのだが、PX-5500の思想はオフセット印刷でのGCRとかUCRと言った技術と全くと言っていいほど同じものだと思うのだ。つまり、無彩色ではないのだけれど、「C=50%、M=20%、Y=50%」なんていう組成の色があった場合、少々濁り気味の緑となる。これなら、単純に「C=50%、M=20%、Y=50%」のインクを出せばいいと思うが、機械やインクには誤差というものがあって、10枚刷ったら10枚全部微妙に色が転ぶのだ。中にはCが若干強めにでたものがあるだろうし、Mが強めにでるものがあるかもしれない。

 ならば、CMYが等値ならグレーという理屈なら「C=50%、M=20%、Y=50%」の各色20%は重なるので、これをKに置き換えれば「C=30%、M=0%、Y=30%、K=20%」となる。Kインクは完全無彩色なので、CMY3色を同じ分量出してグレーを作るより、Kのみにでグレーを作ったほうが色が安定するのは当然なことだ。ここに下色を加えることでUCR化することもあるが、LGYインクが存在するためにハイライト部分のグレーも担当できることで、印刷の安定性が確保される。また、グレーをLGYインクに置き換えるため、インク総量が減りカラーインクの節約にもつながる……ハズだ。

 これが、PX-G5300なら、カラー写真のハイライト部分はLGYインクがない分、CMYとかROインクの混色で行わなければならないために、色が転びやすい。グレーを作り出すインクが増えれば増えるだけグレーバランスが悪くなるのは当然なことだ。これはモノクロ印刷でも実証されている通りで、これはそのまあカラー印刷になってからもいえることだ。

 まあ、この辺のウンチクはいずれ記事にしたいと思うが、なんせPX-5500はモノクロ印刷ばかりクローズアップされて、カラー印刷を好むならPX-G5300なんて言われる方もおられるが、お猿的にはカラー印刷の安定性&自分でカラーマネジメントをしてレタッチすることを思えば、グレーバランスの取りやすいPX-5500はベストチョイスだと思う。ROインクを加えて実質5色印刷やろうと思えば、余程良いカラープロファイルを作らねば、色の繋がりなど良いものが出来る筈がない。

 ああ、段々とごちゃごちゃしてきましたね。

 まあ、PX-5500のインク組成は満足しているのだが、不満な点が一つあった。それが、ブラックインクにフォトブラックとマットブラックがあるのだが、それらを同時装填できないということ。これはPX-G5300や、A2対応のMAXARTであるPX-5800でも対応しているのだから、きっと後継機には……と期待されたが、残念ながら今回も同時装填は見送られた模様だ。

 その代わり、PX-G5800で採用されて、後継機にも期待されたM(マゼンタ)に代わるVM(ビビッドマゼンタ)の採用だ。CMYKでのM要素であるままで高彩度に持っていけるので、プロファイル的にも無理は出ないはずだ。ROインクを足して色域を広げようという考えはどうも好きになれないが、VMインクなら許されると思う。むしろ、これは歓迎だが、これは一体どれ程の効果があるのだろうか?

 参考までに、PX-5500のスタンダードのプロファイルを見てみると、こんな感じだ。

2005284

 黒いラインは可視光領域。そして、白い立体はAdobeRGBの色空間だ。こうやって見てみると、むしろエメラルドグリーン要素が足りないように思われるが、若干ながらレッド~オレンジ要素も足りていないようだ。

 ちなみに、お猿が、このPX-5500でプリントする際にはプロ御用達のCRISPIA(クリスピア)を使っている。カメラ雑誌で用紙選びが云々と言っている人が多いが、個人的には光沢紙かマット紙かっていうくらいの差しかない。プリントはあくまでプリンタの色づくりには任せず、あくまでカラーマネジメントを行ったモニタでレタッチをして、それを忠実に出してくれるプリンタであればヨシとしている。その為にも、きっちりとしたプロファイルが必要となってきて、EPSON純正のクリスピア専用のプロファイルが提供されているのは実に心強い。このICCプロファイルに忠実にプリントするというスタイルはDTPオペレーターとしては当然の選択であって、そのスタイルが抜け切らない。そんなワケで信用できるプロファイル&用紙となると光沢紙ではクリスピアとなる。

2005285

 ちなみに、PX-5500でクリスピアに印刷した際のガモットはこうなる。

2005286

 同じPX-5500のプロファイルなのだが、スタンダードに比べるとクリスピアは角が取れて、急にガモットが狭くなったかと思うところもあるが、総じてエメラルドグリーン部分がAdobeRGBを突き抜けるほどの元気っぷりだ……が、若干足りない部分もある。また、レッド領域も足りていないのは事実だ。やっぱり、AdobeRGBを完全に網羅するのは至難の業っぽい。

 さて、今度のPX-5600はどうなるのだろうか?EPSONのブログから拝借したガモットを見てみると、

2005287

 ……と寒色系は殆ど変わっていないものの、マゼンタ側が格段に伸びている。今回のPX-5600を買うメリットはこの部分を買うかどうかと言ってもいいかもしれない。ちなみに、この角度でPX-5500のAdobeRGB色域に占める割合を見てみると、

2005288

 ……という具合に確かにマゼンタ付近がAdobeRGBに及んでいない。断面で見れないのが残念だが、それでもPX-5600はAdobeRGBのマゼンタ付近にグッと近づいた感がある。流石はVMインクだ。彩度が全く異なる。

 ちなみにMインクをVMインクに切り替えることで、総合的に色づくりを考えねばならないので、プロファイルも相応にチューニングされているようだ。ただ、やっぱりプロファイルの出来不出来で階調表現も全く異なってくるので、じっくりと動向を見守っていきたい。

 あとは、PX-5600に、CD-Rのレーベル印刷やらピクトブリッジなどが対応したというのがあるらしい。う~ん、店頭予想価格は8万円後半らしいが、今では前機種のPX-5500なら66,000円で手に入る(6月7日の時点で三星カメラでのPX-5600の価格は¥89,000-で2万円以上も高価だ)。VM格調領域を必要とするか。そして、CD-Rレーベル印刷を必要とするか。ピクトブリッジは必要なのか?はてさて、2万円弱の差額を出してPX-5600を買うべきか、PX-5500の値崩れしたところを狙うか?

 さあ、皆さんならどうします?

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
テキストをかっこよく魅せるPhotoshopのチュートリアル集:Part 3
あんしん弁当

|

« 合法的にチューリップを切断する人を撮る | トップページ | 四季の五箇山「春の宵」に行ったケド… »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
「お猿さん」はE社のPX-5500を所有されているんですね。
素晴らしい機材をお持ちで、羨ましいです^^
確かに入力(カメラ)にこだわるのであれば出力(プリンタ)
も重要ですよね。
私も、今回の記事を読ませて頂いて、所有のプリンタを改
めて調べてみたところ、C社・BFJ-930という機種でした。
そういえば、結構年数が経っているよなぁ・・・と思っていま
したが、2002年5月発売でした・・・^^;(もう6年も前・・・)
C社のプリンタは現行PIXUSシリーズですので、ホントに
隔世の感がします。
ただ、私としては作品と呼べるような写真は撮れていません
し、家族写真が主なんで、プリントもL版か葉書(年賀状)
が大多数です。(ごく稀にA4でプリントします)
しかし、今回の記事はプリントに疎かった私にとってとても
参考になり、また勉強なりました。


投稿: RED | 2008年5月29日 (木) 11時09分

REDさん、コメントありがとうございます。
更新が停滞していてゴメンナサイね。

以前はC社の染料系プリンタを使っていましたが、やっぱりシックリきたのは顔料でした。EPSONはやっぱり良いですね。Nikon党になってからは、ますますC社プリンタは使えなくなりました(笑)。

諏訪さんという写真家は、大きくプリントして飾ることが写真上達の道と言います。確かにそう思いますね。REDさんも是非とも大判にチャレンジを!!

ではでは。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年5月29日 (木) 14時41分

流石にプリンターもイイ機材をお持ちなんですね。
しかし風呂敷には笑いました!!

ウチの場合は予算的にも場所的にもA4プリンターが精一杯です。
EPSONはかつてPM800まで使っていましたが、その後Canonに鞍替えをしてしまいました。
PIXUS950i⇒複合機でMP950を現状使っています。
昔はEPSONが優れていましたけど、ここ5年くらいは実力が拮抗しているように感じています>>染料系ですけど。
EPSONのが見た目はキレイなんですけど、C社のほうがナチュラルな感じがしました(数年前の話ですけど)。
EPSONはインクが詰まりやすいイメージがあるのと、プリンタヘッド交換が工場送りになってしまうのがアレなので、C社に移籍してしまった次第です。
・・・とはいえ、現状A3プリンターだとEPSONが俄然優位なんですよねぇ・・・

投稿: flipper | 2008年5月29日 (木) 21時15分

flipperさん、コメントありがとうございます。

PX-5500はいいんですが、風呂敷で一気にデジタルっぽさから離れましたよね。急に生活感がにじみ出たっていうか……。でも、機能性という点では全く問題ありません。

お猿の初代インクジェットはC社のBJシリーズでした。知人から貰った小さなプリンタでして、USBすら対応していなかったシロモノでしたね。バブルジェットとかいう単語が新鮮でした。そして、それが力不足になってきて次にEPSONの安物プリンタ買いました。インクタンクがカラーで1個、黒で1個というシロモノでした。それも、力つきて、両親がC社の9900っていうのを買ったのでそれを使っていましたが、どーもN党である僕は罪悪感を感じた上に、顔料に惚れまして……PX-5500購入に行き着きました。

まあ、何といいましょうか。顔料か染料かっていうのは好みの問題ですよね。紙に滲み込ませるか、乗せるかっていう感じで……。DICカラーが身に付いているお猿としては紙に乗せる顔料がしっくりきます。色の安定性っていう面でもいいかんじですし……。

最終的には、キタムラのクリスタルプリントがいいんですけど……、でも毎回ってわけにはいかんし。個人で現像のシステムなんて揃えられないし……悩ましいところです。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年5月30日 (金) 09時32分

お猿さんもEPSONの顔料系インクを支持されていたとは、偶然とは言え、私もEPSON党なのです。

昔し、はずかしながら、30年くらい前一時期ですが、油絵を描いていまして、顔料をよく扱いました。その経験から、ヨーロッパの絵画が染料では無く、顔料を伝統的に使って後世へと作品を多く残している事実があるのを知っていました。

C社が染料インクから、顔料インクへと変わったのは多分色々な事情が有ったと思います。染料インクでしたので、年賀状の宛名が、雨や雪に当たって、読めなくなる事の対策を考える必要に迫られた事が在ったと聞きました。また、各方面から、顔料系インクのプリント作品と耐久力を比較される声があったらしく、耐久力も求められ続けていたはずです。

顔料系が染料系に比べて、家庭用プリンタで、商品化するのには難しい面が当初は在ったはずなのです。顔料系のメリットに目を付けて、そこれをエプソンは開拓して行った事に、私は魅力を感じていました。プロジェクトXで採り上げてほしかったです。

昔から、染料系か顔料系かで、議論されて来ましたが、顔料系の方へシフトしている事は確かだと思います。

今回の記事を読んでいまして、さすがに、この分野の、お猿さんの知識には、驚かされました。私はついていけません。

プリンタを使っていて思いますには、もう少しインクを安くして欲しいですね。
では、では...........

投稿: cameraman_hide | 2008年6月 1日 (日) 01時50分

cameraman_hideさん、コメント遅くなりまして失礼しました。

やっぱり業界事情はhideさんには敵いませんねcoldsweats01
やっぱり粒子の細かさなどから言っても顔料はインクジェットには不向きの感じはしますよね。その中、突破口を開いたEPSONは素晴らしいですね。染料も顔料も一長一短ですが、やっぱりプリントアウトしたからには、作品として保存したいものですよね。そういうことで、私としては、顔料登場まではインクジェットで写真っていう気になりませんでした。DPEに出しますね。

製版業界の人間としては、顔料は非常に馴染みますので、レタッチも非常にやりやすいです。顔料のデメリットも「味」として作品に生かせるようなプリント技術をマスターしたいと思います。

GCRとかUCRはこっちの業界のことなので、あまり深く考えないでくださいネ!

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年6月 4日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/41356962

この記事へのトラックバック一覧です: EPSON PX-5500待望の後継機PX-5600発表で言いたい放題:

« 合法的にチューリップを切断する人を撮る | トップページ | 四季の五箇山「春の宵」に行ったケド… »