« “スカイフェスとなみ”で熱気球を撮る(2) | トップページ | まさかD300が13万円台になるとは…… »

“となみ夢の平コスモスウォッチング”を撮る♪

 お猿@おはようございます。

 ここしばらく、本業のDTPオペレーターとしての仕事が溜まっておりまして、中でも現在進行中のプロジェクトの写真原稿をガンガンスキャンしておりました。特に最後には画像のCMYK分解ってのがありまして、校了間際になると画像処理担当に一気に依頼が来るために必死こいておりました。

 ここ数年は、デジカメデータばかりを扱っていたので、ポジフィルムのスキャンをすることもなく平穏な日々を過ごしておりましたが、ここに来て歴史モノの印刷物を作るとなると大半が反射原稿とか透過原稿なワケでスキャナフル稼働ってワケです。

 特にセッティングが面倒臭いフィルムスキャンの場合は、

2010211

 ……と、製版用の遮光テープなんかを使って迷光対策をしたりしています。SCREENさんのGenascan5000にはスキャナ付属のマスクもあるんですが、ホコリとかつきやすいので、我流で遮光テープを利用しています。本当はグレーの方が嬉しいんだけど。まあ、こんなのも非常に手間がかかってブログの更新が滞っていたんですね。

 それにしても、歴史モノの写真で反射原稿なんかは、コントラスト低下&赤みを帯びてくる“退色原稿”のオンパレードで、これをイキイキと復活させるのがオペレーターの腕の見せ所で、蘇った写真を見るたびに気分爽快しておりました。

 まあ、それはさておき、今回は予告通り「スカイフェスとなみ」のレポートに引き続いて砺波市ネタです。そう今回は……、

 となみ夢の平コスモスウォッチング♪

 ……の撮影レポートをネタにしました。

 砺波市と言えば、1軒1軒がやたらと遠い“散居村”とか、チューリップ球根の出荷量が日本一ということで“チューリップフェア”っていうイメージしかなかったのですが、ここに来て、なぜとなみ夢の平コスモスウォッチングなのか?

 実はお猿が愛読している「光に向かって 心地よい果実高森顕徹著・1万年堂出版刊)」っていうエッセイ集のような本がありまして、実に心が癒されているワケでありますが、この本はとてつもなく写真が多いんです。基本的に「挿絵のない本は、読む気がしねぇgawkというのが、お猿の情けないポリシーでございまして、そんな私にとっては大変に読む気になる本なのです。

 それで、この本の122ページを開いてみますと……、

2010212

 あらやだ、何て美しいコスモス畑じゃない!

 そういうことで、どこで撮ったものかクレジットなどを見てみると富山県砺波市の夢の平とのことだった。なんてこったい、お猿のホームグラウンドの射水市のほぼ隣!夢の平と言えば、かつて散居村展望台ネタを書いた時にやって来たのですが、とどのつまり、スキー場です。

 ゲレンデも雪がなければ、ただの斜面でして、夢の平スキー場のゲレンデは秋には一面のコスモス畑になるわけです。腹は膨れませんが目は楽しませてもらえます。

 そのゲレンデの下には宿泊可能なコスモス荘ってのがあるんですが、そこからゲレンデを見たのが、こんな感じ。

2010213

 いやぁ、これは素晴らしい!まさしくピンクの絨緞です!今年は10月10日をもって満開とのことで、イベントそのものは19日まで開催されました。お猿は10日にも行きましたが、その後、土曜日にも訪れたのです。

 変わりやすいのが秋の空なんですが、お出かけ前には是非とも夢の平ライブカメラをチェックして行きたいものです。ただ、こちらのブログでも紹介されていますが、この時期のライブカメラはネット上での争奪戦になるようですので、天候と開花状態をチェックしたらさっさと出かけるのがよろしいかと思います。

 また、土日や祝日は自家用車で乗りつけると、渋滞して1キロにつき1時間ほど待たねばなりません。挙句の果てには交通整理料金として普通車なら400円徴収されます。どうしても、待ちたくない上にお金も払いたくない人は、庄川水記念公園から30分おきに無料のシャトルバスが出るので、それを利用するのもよろしいかと思います。平日は、空いているので自家用車で全く問題ないんですけどね。

 し・か・し、土日に訪れたお猿ですが、スカイフェスとなみ最終日に早朝の競技飛行直後にやってきたため、タダで停められました。8:30頃を過ぎると係員が登場するので、それまでに滑り込めばタダですし、スカスカです。昼前に帰ろうとしたら既に1キロの渋滞だったので、早起きは色々と良いことがあるようです。

 ああ、長くなった。

 それで、このコスモス畑ですが、絨緞とは言いながら全く地を這っている気配がありません。だって……、

2010214

 というように、人間の背丈ほどもあるので、コスモスの壁の間を歩いていくという感じでしょうか?身長178cmのお猿で通路からやっと“一面のコスモス畑”を見ることができるのでした。ただ、ゲレンデの上に登るとコスモスの丈が一気に低い所に出ます。そこからの景色もグッドですね。

2010215

 ……という具合です。右に見えるのがコスモス荘。写真上部に見えるのは富山湾と砺波平野です。これはこれで、ピンクの絨緞じゃないでしょうか?

 あ、そうそう。例の本の写真を真似てみたいと思います。ゲレンデのリフト側に行くと少々小高いところがあるので、そこから撮ってみました。レンズはナノクリ標準の「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」です。勿論、C-PLフィルタで彩度をアップしています。

2010216

 う~ん、どうですか?本の写真に比べると少々、寄りが足りない上に花もまばらです。でも、緑の葉とか茎も綺麗だったので、これはこれでヨシとしましょう。富山県には珍しく青空もステキです。

 次は、ゲレンデの上部に登って丈の低いコスモスに寄る形でワイド感を出してみたいと思います。

2010217

 どうでしょう?寄った分、花と花の間隔が強調されて手前に隙間がだいぶできてしまったようです。でもまあ、全体がピンクというよりも、緑がある中でピンクがあると、余計にピンクが美しく見えるってもんです。まあ、もうちょっと手前に花があると良かったんですが、これくらいが限度ってもんでしょうね。

 じゃあ、次はレンズを交換してみたいと思います。シグマの超広角ズームレンズの「10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM」を引っ張り出してきました。花だけなら、夢の平で撮らずとも近所で撮ればいいのですが、やっぱり夢の平は100万本のコスモスがウリですので、ワイド感タップリで広さを強調したいものですね。10mmガンガンで撮ってみました。

2010218

 遠近感が強調され、コスモスも変形していますが、これはこれで面白い写真になったと思います。これを横位置で撮ってみましょう。

2010219

 おおっ!これはこれで面白い!自己主張をしている下のコスモスと空に伸びるコスモスと対照的に撮れました。大地のコスモスと天に伸びるコスモスと一緒に収められたと思います。

 では、折角なので寄りで撮ってみたいと思います。マクロレンズを引っ張り出せば良かったのですが、何本もレンズを持ってゲレンデを歩くのはやりたくないので、「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」で、やってみました。

 最初は、コスモスに埋もれるコスモスを撮ってみたんですが、そうなると1輪のコスモスの存在感が無くなってしまうので、ここは定番だけど青空をバックに撮ってみたいと思いまして、まずは横位置で狙ってみました。

20102110

 どうです?ちょっと変わった花びらだったんで撮ってみました。手前の白い花と奥に広がるピンクの花、そして、青空の中の真っ赤なコスモス。全部センセーションっていう品種らしいけど、これはやっぱり青空に映えますね!

 これを縦位置で撮ったのがコレ。

20102111

 これは、更に1輪が強調されますね。横位置は、広がりがあるコスモス畑の中での1輪ですが、これは、本当に1輪にスポットライトを当てています。

 こうやって、マクロ気味に撮っていると、あることに気付きます。

20102112

 そう、ミツバチがやたら多いんです。危害を加えないので、刺してはきませんが、これは是非、ミツバチとコスモスのコラボを撮ってみたいと思いまして“手持ち撮影で”チャレンジしてみました。それにしても、ちょっとの風でも背丈のあるコスモスはよく揺れる。被写界深度浅めで撮っているんで、ちょっと風が吹くだけで、ピント域から外れていきます。それでも、結構、うまくいったんではないかと思います。

 あと、ゲレンデに幾つかの通路があります。その間を通りつつ、コスモスの回廊を撮ってみました。

20102113

 う~ん、どっかのイギリスの庭園の雰囲気?

20102114

 通路で撮ると、遠近感が強調されるので、これはこれで面白いですね。

 ……とまあ、コスモスばっかり撮ってきましたが、イベントが終っても暫くは見られるようですね。もし、ご覧になられる場合はライブカメラを要チェックです。

 何はともあれ、本の写真の場所を撮れてよかったです。

 では、また来年!!

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
自分のページやサイトが各ブラウザでどのように見えるか確認できる便利なサイトいろいろ
水漏れ補修、排水工事の高岡FH工業

|

« “スカイフェスとなみ”で熱気球を撮る(2) | トップページ | まさかD300が13万円台になるとは…… »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

さすが!写真が素晴らしいですね!私は小さなデジカメだけで撮っているのですが、やはり一眼レフで撮りたくなります~そろそろカメラを買おうかな・・・と思ったりしてます。トラックバックありがとうございました♪

投稿: ももちやん | 2008年10月22日 (水) 18時54分

砺波の100万本のコスモスも感動だったけど、福井県に「コスモス広苑」と言う、東京ドームの10倍の敷地に1億本のコスモスが咲き誇る畑があります。コスモスを自由に好きなだけ摘んで持ち帰りもOK何ですよ(^^)v 来年は是非福井に足を運んで、素敵な画像を撮って欲しいです。
そうそう…阪神ファンのお猿さん、中日に負けてしまい残念でした!それにしても頑張った1年間が水の泡となってしまうクライマックスシリーズ何て大反対!理不尽!頑張れセリーグ王者巨人!^^;

投稿: snoopy | 2008年10月22日 (水) 21時47分

スキー場のコスモス畑 見下ろせるのがよいですね
乗鞍の朴の木平スキー場の丹生川コスモス園が9月
上旬頃に早めに楽しめますね。
福井のコスモス公苑は休耕田で広大なところです。
交通は路線バスのみなので車で来て所定の路肩に寄
せて停めるめるのですね。メインストリート(農道)の回り
は切り花禁止ですが離れた畑では撮り放題状態です。
今は祭りも終わって採り放題ですねw以外とはなが終
わった畑で「種」をもらってくるのもアリのようですw
中心部には一反世界のコスモスコーナで多彩な種類
のコスモスが楽しめるのもポイントですね♪

投稿: 水準器 | 2008年10月22日 (水) 23時40分

やっぱりコスモスは素敵ですheart04
見に行きたいけれど行けないので写真を堪能しようと思いましたが、
写真見たら、余計に見に行きたくなりました。

投稿: 飯田人 | 2008年10月22日 (水) 23時43分

○ももちやんさん、コメントありがとうございます!

そして、はじめまして!
最近はデジイチも安く購入できるようになりましたからね〜、コスモスウォッチングでもデジイチをぶら下げているママさんもよくみかけました。そんなわけで、是非デジイチデビューしてみましょう!

○snoopyさん、コメントありがとうございます!

そして、こちらもはじめまして!
実は先日、福井県のコスモスの名所がテレビでやっていて、そこでは身長ほどもあるコスモスを見渡せるように、軽トラか何かを巡回させて見られるようになっているとか……?それにしても、東京ドーム10個分ですか、東京ドームは行った事がないのですが、アルペンスタジアムだと何個分ですかねwww?
テイクアウトもできるとは……なかなか太っ腹で。これは是非とも一度行ってみたいですね。全て回ったら体力が持つかどうか心配ですが……。
それにしても虎党のお猿としては、今年のペナントレースは腑に落ちませんでしたが、今度は真弓監督に頑張ってもらいましょうね!

○水準器さん、コメントありがとうございます!

そうなんですよね、ゲレンデだから見られるというのもありまして……でも、疲れるwww。この中、車椅子でいらっしゃっている人も結構おられたのでスゴイと思いました。
福井は富山以上に凄そうですね。個人的には一面のヒマワリにもチャレンジしたいんですが、そういう場所ってありますかね?
ご存知でしたら、教えてくださ〜い!

○飯田人さん、コメントありがとうございます!

いやはや、コスモスはよろしいですよ。
来年は是非とも行きましょうね!
飯田も景色が良さそうですね。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年10月24日 (金) 09時26分

ひまわりなら 石川県の内灘 干拓地の真ん中
あたりに 「ひまわり村」があったはず・・・・
35万本の大きな花のひまわり30cm以上のクラス
外地面で迷路になっていますw

投稿: 水準器 | 2008年10月26日 (日) 21時01分

水準器さん、ひまわり情報ありがとうございます。

よく考えたら射水市の大島町でも“ひまわりの迷路”ってのをやっていました。職場の近くながら行っていませんでしたが……。
それでも35万本には敵いませんね。一度、見に行きたいと思います。

……って、もうすぐ冬ですけどね!!

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年10月26日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/42865678

この記事へのトラックバック一覧です: “となみ夢の平コスモスウォッチング”を撮る♪:

» 信州に移住した人生 [http://naganoken.blog86.fc2.com/]
大正池を出発すること約1時間30分で河童橋付近までやって来ました。 ひたすら歩くだけなら、1時間弱で歩けちゃう距離だと思います。 河童橋手前からの風景です。   河童橋 ライブカメラで写されている場所です。 右がそのライブカメラです。 ライブカメラは五千尺ホテルの売店に取り付けられています。 いつもはネットから見ているライブカメラの映像ですが、それを移しているカメラを見つけるとなんだか嬉し�... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 06時18分

« “スカイフェスとなみ”で熱気球を撮る(2) | トップページ | まさかD300が13万円台になるとは…… »