« ColorEdge CG241Wでキャリブレーション実践!(1) | トップページ | 日本経済新聞に初登場したよ! »

ColorEdge CG241Wでキャリブレーション実践!(2)

 お猿@おはようございます。

 前回の記事で、D700の価格変動が激しくて気になっているように、日経平均やら円相場が気になっているということを書きました。しかし、もっと気になっているものがありました。

 ガソリン価格ですねrvcar

 車がなければどこにも行けないっていうくらい車社会なのが富山県なのですが、レジャーのみならず通勤には必ず使われるといっていいでしょう。電車やバスなんて使っている人は相当少ないようです。主婦に至っては買い物に車ですね。ちょっと道路向かいのお店に行くだけでも車を使う人もあるくらいですから、富山県民って東京とか大阪の人に比べたら相当歩いていないと思います。

 以前に東京に行って、現地人並に電車を乗り継いだだけで筋肉痛になったくらいですからね。情けないもんですcoldsweats01

 そんな生活必需品がガソリンなんですが、寒冷地なので、これからは灯油の価格も響いてきます。まあ、ウチはオール電化thunderなんであまり影響はないんですけど……。それで、昨日は愛車の給油ランプが点灯したので、「やれやれ」と思いつつ、メール会員になっていた出光のガソリンスタンドに行きまして給油しました。

 まず、店頭での現金価格は、108円/Lですね。ところが、お猿は出光のクレジットカードを所有しているので、3円/L引き!つまり、105円/Lとなるわけです。更に更に、口座引き落としの際に2円/L引きになるので、最終的には103円/L!

2012189

 今回の給油のレシートは上記の通り。

 給油ランプが点灯してからの満タン給油だと、35L前後の給油になるのですが、久々に満タン給油して3千円台で済みました。暫定税率が一時的に解除された時でも120円/Lくらいでしたからね。古き善き時代に戻った感じです。かつては月に3回給油しても1万円チョットでしたからね。そこに近づきつつあるようです。

 ちなみに手元にあるレシートをひっくり返してみたところ9月のレシートがありました。

20121810

 163円/L!高すぎますっ!まあ、このちょっと前には180円/Lなんてのがあったくらいですから、当時のお猿は「おーい、安くなったぞ!160円/L台だ!」と言い回っていたんでしょうけど。全然安くないですよね。あ、ちなみに500円給油ってのは、9/12は金曜日。翌日の土曜日から週末の安売りが行われるということで、ギリギリのラインで給油したってことです。かなりケチい給油をしています。

 これが、10月に入ると、

20121811

 152円/L!1ヶ月チョットで10円/Lほど安くなっています。案の定、当時のお猿は「おいおい、ガソリン安くなったぞ!」とウハウハしていたかと思いますが、全くもって安くありません。昨日の給油より4リッターほどしか多く給油していませんが、総額にして1200円ほどの差。アホらしいです。

 そして、先月の11月の価格が、

20121812

 110円/L!確か、これはゲリラ給油の日に行ったんだと思います。この直後には125円/L程度に戻っちゃうんですけど、この辺から価格も急降下って感じでしたね。

 まあ、今の原油価格は暴落していますが、ちょっと前までの高騰は、インドや中国といった国々の需要が伸びて……ってのもありましたが、最も大きかったのは投機だったそうですね。全くもって一部の金持ち連中のマネーゲームの為に生活が困窮するんだからたまったもんじゃないpout。そんなに金集めてどうすんのさって思うけど、財欲にキリはありませんからね。まあ、立場を変えれば当然と言えば当然ですが……coldsweats01。何はともあれ、ガソリンが安くなって良かったですねscissors

 さて、前口上がやたらと長くなりましたが、お猿の職場に鳴り物入りで導入されたAdobeRGBカバー率96%のカラーマネジメントモニタColorEdge CG241Wをレビューしていましたね。前回はColorEdgeシリーズのウリ「ハードウェアキャリブレーション」の実践を開始したのですが、その結果はっ!?

 数分後、画面が切り替わってモニターの調整結果が表示されました。

2012181

 左に目標値、右に結果が表示されています。今回の結果は……?

  • 「輝度」は、目標値80cdのところ、80.3cd。
  • 「黒レベル」は、0.12cd。
  • 「コントラスト比」は、465:1。
  • 「白色点」は、目標値5000Kのところ、5021K。

 多少の誤差はあるものの、今まで使っていたカラマネツールより良い結果が出ていると思う。決してコントラスト比も高くないし、ガンマ値も1.8、何よりも色温度が5000Kなので、キャリブレーション後のモニタを見ると、やたらネムイ感じだし、黄色っぽいし、暗いし……っていう印象を受けてしまう。それは、色温度が高くコントラストも高めのBeforeを見てしまっているから、コントラスト比465:1なんてネムたく見えて当然じゃろう。ところが、これを印刷のアガリと比べると、案外ドンピシャだったりするので驚きなのだ。

 まあ、これで不足は特にないので「保存」をクリックして、プロファイルを保存します。すると、

2012182

 「モニターの調整が完了しました」と表示されるので、終了しましょうね。

 一応、MacOSXの「環境設定」からモニタの設定を確認してみましょう。

2012183

 ご覧の通り、ColorEdge CG241Wを導入した時にインストールされる「CG241W」というプロファイル以外に「CG241W(41375108)印刷用一般設定」というプロファイルが新たに生成され、それが選択されている。

 ちなみに、キャリブレーションを取った後のOSDメニューはどうなっているのだろうか?

2012184

 モニタ下部のMボタンを押すと、「ScreenManager」というOSDメニューが表示される。

2012185

 すでに「RGB」と書かれたカラー調整のアイコンはグレーアウトじゃないけど、水色に変わって選択できなくなっている。これはズバリ、キャリブレーションで自動的に変更される項目なるが故にいじってしまったら元も子もないからですね。選べなくなっているのは「つい、うっかり」ということもなくなって安心ですね。

 では、最初のアイコンの「ピクチャー調整」を開いてみましょう。

2012186

 「リターン」しかアクティブになっていません。ここも画質に関わる調整を行うところなので、いじれないんでしょうね。あと、アナログ接続のみアクティブになるのが多いので、デジタル接続しているお猿は関係ないようです。できればカラー調整のようにピックチャー調整そのものをグレーアウトして欲しかったですね。

 この辺は、モニタのモードがCALになっていると、非アクティブになってくるようです。ハッキリ言ってOSDメニューでいじれるのは、殆どないですね。

2012187

 「その他」の項目を開いてみると、

2012188

 「ボーダー」と「BrightRegulator」の2つのみが非アクティブになっている。それ以外の省電力関連やビープ音の設定など、映りとは全く関係のない項目だけが調整できる。

 そんなこんなで、キャリブレーションを行った後は、OSDメニューをいじれないようになっているので、「つい、うっかり」を無くすことができるので非常にありがたい。

 まあ、ハードウェアキャリブレーションとソフトウェアキャリブレーションの違いということですが、前者はモニタ側にコントロール回路を持たせてモニタ側で出力を変えたりして調整するのに対し、後者はモニタはそのままでパソコン側のカラーテーブルを調整することによって調整するということがあります。

 モニタの色のクセをソフトで吸収しようとすれば、例えばPhotoshopなんかで「モニタの色は青みがかっているから、全体的に赤を強くして、コントラストも甘いからトーンカーブで調子をつけよう」なんてやったら、階調がガタガタになるようなもんで、画質劣化に繋がってしまう。しかし、モニタ側のOSDをいじって各値を調整しようとすれば、パソコン側の信号はオリジナルのままなので、非常に階調が滑らかである。この辺のアドバンテージはCRT時代は非常に大きく感じた。

 まあ、なんせColorEdgeで見た写真は、非常に階調が滑らかなのだ。これは本当にオススメしたい。極端な例で言うと、かつてOSDすらついていないiMacとかそういったモニタをキャリブレーションしたが、完全にソフト的にいじっているためにガタガタになったのを覚えている。そういうことで、是非ともハードウェアキャリブレーションなのだ。

 そういうことで、今回のColorEdge CG241Wのひとまずの設定は終了です。また、使用感などはお知らせしたいと思います。

 最後にお知らせ!

 以前の記事で音羽電機工業の雷写真コンテストの結果が…!なんてのを書きましたが、その音羽電気工業の主催者からメールが届きました。その中に、

結果発表につきまして、2008年12月19日(金)付 日本経済新聞 朝刊 全国版 証券面に掲載させて頂くことになりましたので、御覧頂ける方は是非御覧くださいませ。

 ……という一文がありました。どうやら、本日発売の日経に掲載されているようです。

 しかも、証券面にっyen!!

 そりゃそうだ、やっぱり雷と言えば証券面だよねっhappy02!他に考えられないよねっhappy02……って、何で証券面なのサgawk?オマケにお猿は日経なんて読むキャラではないので、取っていません。無念じゃ……。

 しかし、そんなお猿に救いの手が……。

当社ホームページ上での結果発表は、12月22日の週を予定しております。

 ……だそうですね。ん?「12月22日の」?やけに範囲が広いですね。まあ、来週になれば、お猿の雷作品「龍の城」が公開されるはずですので、ひとまず日経でご覧いただければと思います。たまには証券面を見ようぜ!

 では、お楽しみにぃ~!

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
キャリブレーション対応カラー液晶モニターColorEdge CE
秋葉館オンラインショップ
2008年のフリーソフト番付(Windows編)
親鸞会紹介ビデオ

|

« ColorEdge CG241Wでキャリブレーション実践!(1) | トップページ | 日本経済新聞に初登場したよ! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

「当社ホームページ上での結果発表は、12月22日の週を予定しております。」ってずいぶんアバウトですねっ。
でも楽しみです。

「キャリブレーション後のモニタを見ると、やたらネムイ感じだし、黄色っぽいし、暗いし……っていう印象」・・・やっぱりそういうものなんですね。
自分もなんだか黄色いし暗いしと、失敗していると思っていました。
いつもながら勉強になります。

ありがとございまっす。

投稿: べあまんさん | 2008年12月19日 (金) 22時01分

ウチは日経をとっているので、早速確認してしまいました>>証券欄
あらためまして・・・おめでとうございます(◎´∀`)ノ

それにしても、ガソリンは大分安くなってきましたね。
まぁ、安くなったというよりは、通常価格に落ち着いてきたという感じなんでしょうけど。
高いのを経験してしまっているので、現行水準でも安く感じてしまうから不思議なものです^^
安くなったといえば、ドル円相場もです。1ドル90円を切っています。
ちょっと気になって調べたのですが、B&Hから個人輸入すれば
24-70mmF2.8も14-24mmF2.8も13万円程度で買えてしまう計算です。
レンズは国際保証ですから、正規品を購入していれば保証は大丈夫ですしね。(BODYは国内保証ですけど・・・)
・・・かなりグラっときませんか>>お猿さん的には?

投稿: flipper | 2008年12月20日 (土) 23時32分

○べあまんさん、コメントありがとうございます。

ええ、アバウトなのは大体そんなもんじゃないですかね?
ジックリ待ちたいと思います。
ちなみに日経はコンビニで調達して見ました。……名前だけでしたね。
キャリブレーション後のモニタは、毎度不安ですが、あんなもんなんでしょうね。デフォルトのモニタがキツすぎるんですよっ!

○flipperさん、コメントありがとうございます。

日経を購読しておられるとは……、スゴイ人ですね。それだけで「デキル人」というイメージが先行しているので尊敬しますconfident
んでもって、ありがとうございます。

ちなみに本日の例のガソリンスタンドは99円でした。ヤバイです。ポリタンクに溜めちゃいそうです。
個人輸入は未経験ですが、どんなもんですかね。実際に諸経費がかかってしまってトントンということはないんでしょうか?可能ならばレンズでVR 70-200mm f2.8がまず欲しいっす!

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年12月21日 (日) 08時52分

数年前までの約9年間、銀行で法人営業をしていましたが、日経は必携の新聞とされていました。
当時の癖が抜けておらず、今でも読むのは日経さけです。
学生時代は東スポだったのに・・・(爆

個人輸入は急激に為替が円高へシフトしてきたので、最近注目されてきているようです。
比較的人気があるのはNYに店を構えるB&Hのようですね@カメラ関係
HP上でもキチンと送料の表記がされています。
掛かるのは「商品代+送料」で、消費税5%は運が悪いと(日本で通関時に)かかるらしい・・・
70-200F2.8だと、商品代$1,598+送料(UPS)$63.80=計$1,661.80
1,661.80×90=149,562円
消費税5%が掛かると157,040円という感じでしょうか。
最近、VR70-200mmは価格comで見る限り値段が下がっている(以前は18万円台後半⇒16万円台)ので、お得感は相対的に少ないですが、24-70F2.8や14-24F2.8等他の実売10万円Overなレンズではお得感が高いですよ。
私もつい数日前にこうしたことに気がついたので、ちょっと調べてみているところです。
「B&H 個人輸入」などでググってみたりブログ検索してみると、結構Hitするのがわかりますよ~(^^

投稿: flipper | 2008年12月21日 (日) 10時24分

flipperさん、コメントありがとうございます。

一体、職種は何なんだぁ~~~っ!?
日経を読むだけで尊敬という単純なお猿ですが、高校時代はスポニチでしたwww。

個人輸入はお徳っぽいですね。どうも、英語が読めないのですが……。
ちょっと調べてみます。ネットは便利ですよね~。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年12月21日 (日) 21時36分

タイムリーな記事を見つけたので、貼り付けておきます。
http://ascii.jp/elem/000/000/199/199090/
ここでもB&Hをとりあげていました。

ちなみに私の現在の職種は不動産賃貸/管理業です^^A
上場企業~中小企業を対象とした法人営業(融資他)を銀行でしていたのですが、数年前に家業を継ぐ形で退職し現在に至っています。

投稿: flipper | 2008年12月22日 (月) 08時42分

flipperさん、再々のコメントありがとうございます。

う~ん、一読しましたが、お徳であることと少々不安っていうことは紙一重ですね。
英語が読めないとちょっと大変そう。

それにしても不動産されているとは、すごいですねぇ。

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年12月22日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/43461506

この記事へのトラックバック一覧です: ColorEdge CG241Wでキャリブレーション実践!(2):

« ColorEdge CG241Wでキャリブレーション実践!(1) | トップページ | 日本経済新聞に初登場したよ! »