« 漫画家とのコラボもやったよ!(ル・クールネタもあるよ) | トップページ | 氷見漁港で寒ブリのセリを撮る(1) »

ついに憧れのD700が我が手にっ♪

 お猿@おはようございます。

 いやぁ、今年のデジイチ業界はFXフォーマットというかフルサイズ競争にSONYも参入した上に、Nikonも最後の最後に高画素モデルを投入してきて、非常に盛り上がったような気がします。本当にフルサイズも手の届く範囲になってきたのは歓迎すべきですね。一長一短はありますし、本当に必要かと言われると「?」という点もありますが、やっぱりメリットはメリットとしてありますので素直に喜びたいですね。

 イメージセンサーを大きくする競争がなされている反面、一方ではセンサーを小さくする努力がなされていたのは面白かった。そう、マイクロフォーサーズですね。デジタル一眼“レフ”ではないものの、レンズ交換式で大変に面白い試みだったと思う。気軽に持ち歩いてスナップしたい時などは楽しいのではなかろうか?

 いずれも、対象とするユーザーは異なるので、それぞれに今後が楽しみだ。

 ……で、お猿はというと、Nikon党である上に仕事用途ということもあるのでFXフォーマットに関心があるのです。それで、前回の日記で追伸で書いたように、出来る事なら春には憧れのD700をゲットするぞという、半分ガチなプランを立てていたのは記憶に新しいところ。

 んでもって、手元にはNikonから発売されている三種のFXフォーマット機の“カタログ”があるわけです。

2012271
もうグラビアアイドルを見るよりもコーフンするFX機のカタログ♪

 いやぁ、こういうのって買えもしないのに、持っていて眺めているだけでも楽しいですよね。ペーパー媒体ですが、それでも“純正”ですからね。純正のカタログですよ、Nikon純正のカタログです!!それでも、やっぱり男ならば紙媒体で満足していては情けない!

 そんなワケで、今年中に1回は行っておきたいとキタムラに行ってきました。いつもお世話になっている、高岡・姫野店は規模が小さいので、富山県内では恐らく最大ではなかろうかという富山・掛尾店に行ってきました。

 そしたら、ありましたっ!

2012272
目の前に生D3と生D700があるっ!感動で失神しそうだ

 いやぁ、FX機が2台並んでいますねぇ。さすがにD3Xはないですが、D3iconD700のゴールデンコンビが並んでいましたっ!今まで、ここにはD2Xすら並んでなかったのですが、D700だけではなく、D3まで並んでいるとは驚きでした。

 まあ、D3は発売が昨年だったということもあって、PIE2008で初めて触って、その後も顔見知りの報道カメラマンが使っていたのをいじらせてもらったりと触れる機会があったのですが、未だD700はいじったことがなかったのでした。ここは富山県。仕方がないのだ。

 その憧れのナマD700が目の前にある!!これは感動モノです。これはいじりまくるしかないでしょう!!

 そんなワケで、ついに憧れのD700を我が手に触らせることができたのですっ!

 あっ!紛らわしいタイトル付けてスミマセンねcoldsweats01

 まあ、D3とD700、オマケにD300までもが並んでいたので、30分近く居座って比較していました。ここは、やっぱり最大キタムラとは言っても地方の富山県。ゴミゴミしていないので、ジックリ触れてしまったのだ。

 まずは、D700!形状はD300にソックリということもあって、操作そのものなどはD300そのもの。ファインダーを覗くまでは、D300をいじっているような感触だった。重さもさほど重くない。むしろ、安定性があって好みである。そして、何よりもファインダーがステキすぎる。D300でさほど不自由はしていなかったのだが、これを見てしまうとやっぱりグラ付く。何て広いんだっ!視野率95%と言われているが、実際に手持ちで試写して確認してみても、そんなに気にならなかった。

 次に、D3をいじってみる。もうこれは芸術的ですね。縦グリが付いているということで、重めのレンズを装着しても非常に安定性がある。言うまでもなく重量級なのだが、実際に手にしてみると、案外軽く感じた。まあ、これに大口径レンズを装着したらどうなのか分からないが、それでも縦位置などもスムーズに切り替えられるし、何よりも視野率100%はダテではなかった。

 D3と同時にいじることでD700の寂しいところが浮き彫りになった。やっぱり視野率95%は、特に構図がうるさい風景写真などでは余計なモノが写ってしまうが、ライブビューすれば問題はない。よく考えたら4×5判カメラなんかは、ファインダーではなくって、まさしくライブビューのように撮るではないか。液晶になってしまってはいるが、それはご愛嬌だ。

 正直なところ、D3もやっぱり素晴らしいカメラなので、いじっていてD700との一長一短で非常に苦しんだ。できることなら、両方ともテイクアウトしたいところだったが、今回は自制心がはたらいた。ちょっと古いが「どうするアイフル」のチワワを眺める気分だ。ごめんよ、まだお前を連れて帰れないんだweep

 それにしても、今日D700を手にしてしまったことで、かなり物欲がヤバい状態です。撮影後にスグに画質チェックもしてみたが、階調の美しいことといったらD300の比ではないような気がした。決して、高感度だけが美しいのではない。総じてD300を上回る描写なのだ。そうは言っても、イメージサークルの中心部分を使うD300に比べたら画質劣化が起きやすいD700は周囲の描写が若干甘いのは確かだった。

 そうは言っても、やっぱりD700……欲しいではないか。

 キャッシュバックは1月18日ということで、とっくに1ヶ月を切ってしまった。実際に触ってしまうと、カタログによる想像の産物とは全く異なって、ステキすぎるのだ。95%の視野率なんてかわいいもの。キタムラからテイクアウトはできなかったものの、何か見えないモノが憑いているようだ。さて、どうするお猿!!

 そんなわけで、かなり切ない思いをしておりますが、この心、どうしたらいいでしょうか?ウソでいいので教えていただければ幸いです。

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
デジカメオンライン|デジタル一眼レフ
窓の杜 - 2008年 窓の杜大賞
所有という幻想

|

« 漫画家とのコラボもやったよ!(ル・クールネタもあるよ) | トップページ | 氷見漁港で寒ブリのセリを撮る(1) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

触ってしまいましたか・・・・・。ついに触れてしまいましたね。
しかも30分も・・・。

まだ半月もあるというのに、その段階まで来てしまったらもう後戻りはできませんね。

D700おめでとうございます。

冗談はさておき。タイトルを見たときは、おっ。やはり!!
と思いました。それほど、D700の値段は魅力的です。
キャッシュバックで、10万円台のカメラとなっていますし、
そもそも20万円そころらで買えるようなカメラではないと思います。
D300が手元になければ即買いでした。

D700ほしーーーーっ。

切ない思いは、D700で満たしてくださいませませ。


投稿: べあまんさん | 2008年12月28日 (日) 00時28分

むははははは・・・・!!!

やっぱり触ってしまったんですね。不思議なもので、触ると欲しくなるんですよ、これがww
私もこの夏に触ってしまって、アレでしたし^^A

これはもう大人の事情が発動するフラグがたちまくってマスYO!!

D700を購入すると、レンズやバッグも一新する必要があるので、実質20万円切りになったとはいえ、
Totalコストを勘案すれば自分にとっては依然ハードルが高いですケド(苦笑

SIGMA10-20mm + Tamron17-50mmF2.8(A16) + NikonVR18-200mmを里子に出して
1)SIGMAの新型24-70F2.8HSM
2)Tamron28-75mmF2.8(A09)+NikonAF-S60mmMicro
なんてことも個人的には考えてはいるのですけど、やっぱり望遠側が足りないですし、重量的にもアレなので
悩みまくっています。トレードオフになる画角もアレですし。
Micro60mmに行く前にVR70-300mmにした方がいいのかなぁ・・・とも。
(いつもいつもVR70-200mmを持ち歩くのもキツイので)

その点、D300だとD80を里子に出すことで予算的にはMicro60mm + SB-800あたりまでは追加
できそうですからイイんですよね・・・困ったもんだ^^A

投稿: flipper | 2008年12月28日 (日) 20時58分

○べあまんさん、コメントありがとうございます。

ええ、そりゃもう長いスキンシップでした。
富山というロケーションもあって、邪魔が入ることなく30分間濃厚な触れ合いを堪能しました(他の人が近づけない空気だったという説もアリ)。
いや、本当に後戻りできないくらい感動していますので、時間の問題かと思います。
自分へのお年玉、いや、誕生日プレゼントという言い訳もできますが、いずれにせよ、懐は寒くなるのは確実かと……。
それにしても、FXも身近になりました。
当ブログでD700のレビューするのも目前?

○flipperさん、コメント有難うございます。

いやいや、楽しんでおられますね。
お触りOKだったんで、そりゃもうねっとりと触りましたよ。
ファインダーはD300と、そして、D3と見比べまして、連写から拡大縮小まで全部やりました。アイピースシャッターは欲しいものなので、いいなぁと思っています。

う~ん、必殺技の「大人の事情」を使いましょうかねぇ。
それにしても「アレ」が多すぎてアレですね。
flipperさんのアレもアレしてさしあげたいので、アレな時にはお猿にもアレしてくださいね。

では、お互い寒い懐をなんとかしましょう……!

投稿: フォトグラファー猿 | 2008年12月29日 (月) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/43549386

この記事へのトラックバック一覧です: ついに憧れのD700が我が手にっ♪:

« 漫画家とのコラボもやったよ!(ル・クールネタもあるよ) | トップページ | 氷見漁港で寒ブリのセリを撮る(1) »