« 四季の五箇山「雪あかり」レポート(4) | トップページ | D300の内蔵ストロボでケラレを検証する(1) »

AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDを入院させます

 お猿@おはようございます。

 1週間以上も更新をサボっておりましたが、久々の更新です。最近は、米国アカデミー賞の外国語映画賞部門をおくりびとが受賞したそうですが、その監督の滝田洋二郎さんが富山県の高岡市出身ということで、賞の発表時なんか大騒ぎでした。実家にマスコミが押し寄せたりしている様子が報道されていましたが、恐らく親戚も増えたことでしょう。う~ん、富山ってスゴいgood

 それはそうと、皆さんは四季の中で好きな季節はいつですかね?……ということが気になって、アンケートを作成してみました。

 春夏秋冬どれでもお好きなものを1回だけ投票できるのですが、どれもイヤという方の為に「どれもイヤじゃ」という選択肢をご用意いたしましたが、通訳すれば「人生イヤになった」ということかと思いますので、是非とも「なぜ生きる」でも読んでいただければと思います。ちなみに、お猿は「秋」ですmaple。食欲の秋ですからね。特に銀杏(ギンナン)は最高ですよ。体に悪いと言いつつも何個でも食べちゃいます。他にも梨なんかもいいですしね。あの、どこかしら寂しげな雰囲気が好きなんですよ。

 じゃあ、それ以外の季節はどうかっていうとですね……。

 まず、夏は蒸し暑いし体中がベタベタするのでイヤです。冬は寒いからイヤ。夏か冬かと言えば、冬。寒いのは着れば対処できるが、暑いのは脱いでも暑いから(う~ん、理論的!)。春はのほほんとした感じはいいけど、スギ花粉による花粉症と黄砂が大幅に原点対象ですね。四季の中で一番きらいなのが春と言ってもいいでしょう。

 ただ、フォトジェニックということを考えれば、桜のシーズンですからね。これは撮らないわけにはいきません。今年は、愛機のD700も購入したことですし、これに最強のナノクリズーム「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」を装着して、本来の24mmの画角で広角撮影をして緻密な描写をしてみたいんですね。

2102261
D700とAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDの組み合わせは最強だ

 このレンズを昨年の4月アタマに、DXフォーマットなD300に装着することを前提に購入したんですが、当時はD700なんてステキなカメラが出るなんて思ってもいなかったので、総合的に35mm換算で1.5倍望遠側にシフトした画角になるので、用途はスナップがメインで、ちょっと離れたところからイイ感じに撮れるレンズという前提でした。しかし、より解像感が求められると思っている風景撮りでは、いささかワイド端がテレ側にシフトしているので足りず、風景撮りではもっぱら高倍率ズームの「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)」とか超広角ズームの「10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM」を使っていたわけです。前者の出番が多いものの、やっぱりオールラウンドプレイヤーは広く浅くで、画質の点であと一歩という感じでした。

 そこに、D700が登場して、キャッシュバックキャンペーンで物欲を攻めてきたんですね。まさに24-70mm F2.8はFXフォーマットのためにあるレンズと言っても過言ではないので、うっかりとD700をゲットしてしまったわけです。そこで実感したのが、

「ああ、24mmって広角だったんだねぇcatface

 ……という、当たり前のことだった。

 この35mm換算で24mm、APS-C換算で16mmの画角っていうのは風景撮りには実に使いやすい。先ほどのD300時代までVR 18-200mmを使っていたというのも、18mmという画角が風景撮りに使いやすかったということもあったからだ。そこから2mmだけワイド側に広がっているこのレンズは使いやすい。是非とも今年の桜撮りに活躍してもらいたいと思っていた矢先のことだった。

「ズームリングの回り方が固い。変な音もしだしたぞcoldsweats02

 ……ということで、困ったことになったのだ。更に、

2102262
赤い矢印が目立つゴミですが、これ以外にもワサワサとホコリがあるんですね

 ……といことで、結構大き目のゴミがレンズ内に侵入していたのだった。それも、かなり中央寄りに……。他にも細かいホコリが入っていた。まあ、いくら防塵・防滴といったところで、ホコリっぽいところで撮影をすることが多いお猿ですので、空気抜きの穴などから入り込んでもおかしくない。幸い、写りには全く影響がないのだが、やっぱり気持ちが悪い。

 そこで、保証書を確認してみた。

2102263
有給消化のように、保証期間いっぱいを使ってメンテナンス♪

 昨年の4月2日に購入しているので、十分に保証期間内ですね。

 大体、1週間~10日間の入院になることが多いので、今出せば桜の季節には間に合います。メンテナンスには定評のあるNikon様ですので、今回気になったこと以外のクリーニングなどもしてくれるに違いないと思ったので、明日、入院させます!

 さて、どういう状態になって帰ってくるか?24-70mm F2.8よ……、

 あの桜の下で待ってるぜcherryblossom

 ……ということで、しばらくD300での撮影に専念しますね。

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
最大9社の『自動車保険一括見積り』
ダイヤモンドはもはや世界で最も硬い物質ではない
ぱきら

|

« 四季の五箇山「雪あかり」レポート(4) | トップページ | D300の内蔵ストロボでケラレを検証する(1) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

入院、ご愁傷様っす。
でもきっと元気になって、綺麗になって帰ってきますね。
自分は春をポチッとしてしまいました。
しかも理由は不覚にも。
ポカポカ陽気で気持ちいいからっ!
このサイトがニコン党の猿殿のサイトであるにも関わらず、カメラと関係ないところで、ポチッっとしてしまいました。
きっと疲れているのだと思います。お許しください。

桜の春。
新緑の夏。
紅葉の秋。
雪景色の冬。
面白い投票になると思います。

投稿: べあまんさん | 2009年2月27日 (金) 23時59分

○べあまんさん、コメントありがとうございます。

退院してきたら、真っ先にブログりたいと思います。
実際に持って行ったら「1週間~10日間より、ちょっとかかるかと思います」と言われちゃいました。やっぱり、レンズって修理に手間がかかるんでしょうかね?

好きな季節投票に関しましては「感性」にお任せしているので、カメラにこだわらなくていいですよ!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年2月28日 (土) 20時16分

レンズに杉の花粉は付かないんでしょうかね・・・
カメラのことは、さっぱし分かりませんが、お猿さんの写真って、特に食べもんは
すごくおいしそう~ってのが、伝わってきます・・・いやしんぼなんで、またたべもんも
載せて下さい。待ってます。。。
先日、お母様とトイレで、お会いしましたが、お声を掛けられませんでした。
私は存じてますが、向こうは、ご存じないと思いましたので。。。
お猿さんも、お忙しそうだったので、お声を掛けませんでした。
あ。。。私は好きな季節は、冬です。
なぜって、正月が近づくと、取引先が急に優しくなるからです。

投稿: むーさんです | 2009年3月 3日 (火) 18時00分

むーさんですさん、コメントありがとうございました。

レンズにだって花粉はつきますよ~。お手入れは非常に大事です。
食べ物専属カメラマンでもないのですが、やっぱり褒めていただけると嬉しいですね。
お猿の食べ物写真は、ほぼ毎日「あんしん弁当」さんのブログで公開されているので、そちらでご覧いただければ幸いです。
また、母と「トイレのお付き合い」をしてやってくださいねcoldsweats01
数少ない冬の一票もありがとうございました。
冬もたいそう喜んでいることと思います、

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年3月 7日 (土) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/44186353

この記事へのトラックバック一覧です: AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDを入院させます:

« 四季の五箇山「雪あかり」レポート(4) | トップページ | D300の内蔵ストロボでケラレを検証する(1) »