« D700のキャッシュバックが届いたよ! | トップページ | 四季の五箇山「雪あかり」レポート(2) »

四季の五箇山「雪あかり」レポート(1)

 お猿@おはようございます。

 まずは、いつの間にやら26万ビューを突破ですhappy02

 あざーっすhappy01

 今後とも是非とも、踏み続けていただければ幸いです。

 先日の2月8日(土)~9日(日)と、お猿がこよなく愛する五箇山にて、四季の五箇山「雪あかり」というライトアップイベントがあったので行ってきた。お猿としては、D700の本格デビュー戦である。ライトアップということは、夜間がメインのイベントだけに高感度特性が期待されるD700の本領発揮が見られそうだnight

 ちなみに、この五箇山の合掌造り集落はユネスコ世界文化遺産に登録されているのは有名だが、最近いろいろと話題があった。

  1. 「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にて、五箇山が最高の三ツ星評価!ミシュランガイドって言ったら、レストランガイドで有名ですが、それの観光地バージョンですね。日本の観光地の中で「わざわざ旅行する価値がある」と評価されたということもあって、南砺市も少々浮かれ気味ですup参考サイト。ちなみに日本の観光地で三ツ星評価だったのは、五箇山を含む17箇所だったそうです。
  2. 日経リサーチ「地域訪問者の満足度」の観光地ランキングで7位!ミシュランガイドの三ツ星評価には合掌造り集落の白川郷も含まれているのですが、こちらでは五箇山のみがランクインということで、富山県民としては非常に嬉しい限りです(参考サイト)。しかも、7位以上を見てみると沖縄か富山ばかりで、富山って観光地としてはスゴイところなのだと思ったのだった。

 ……まあ、そんな感じです。

 ちなみに以前に行った「世界遺産の合掌造り集落。あなたが好きな集落は?」という投票の現在状況は下記の通り。

 ……う~ん、菅沼集落も相倉集落も萩町集落もトントンですね。全く関係のない島根県の石見銀山が善戦しているのが気になりますcoldsweats01。まだまだ、投票を受け付けていますので、ガンガン投票してくれよなっgood!!

 そんなトレンディーな五箇山ですが、夜と言わず昼過ぎには到着してしまいました。こういうイベントの時には、菅沼集落の駐車場ではなく、隣の合掌の里の駐車場が開放されるので、そちらに駐車。協力金ということで500円が徴収されるが、五箇山萌えなお猿は喜んで献金させていただきましょう!!

 すると、こんなステキなものが貰えます。

2102101
実際に500円払っているんだけど、この100円券が、やたら嬉しかった

 当日のイベント会場である菅沼集落と合掌の里の楽しいショッピングガイドと、そこで使える100円券!これは実に嬉しい。この100円券、何に浪費してくれようかcatface

 ひとまず、車には一通りの機材を積んできているのだが、このタムラックのカメラバッグを持ち歩くだけで撮影の士気が下がるので、駐車場でリュック型のバッグに必要機材を詰め替える。

2102102_2
車のハッチバックの中は、撮影の基地となっているのだ

 ここから先は、このバッグと三脚だけを持っていけばいいので、両手は比較的自由に使える。ちなみに三脚はレグポシェットで運んでいるので、肩掛けです。

 合掌の里から菅沼集落への道中に仮設テントの「うまいもん市」が開催されていた。そこで、まんまと手打ちそばの勧誘にひっかかる。勧誘主である道楽クラブのおばちゃんは実に元気だ。初めて会った気がしない。

 「今、作ったばかりで一番乗りだから、タダでいいよっ!bleah

 ……とのこと。さすがに、それは申し訳ないので、

 「じゃあ、この100円券で……coldsweats01

 ……と気の弱いお猿は、早速100円券を浪費してしまった。

 「味が薄かったりしたら教えてねっ!bleah

 ……と言われた。どうも、お猿は味見役に抜擢されたらしい。しかし、この味見役は後ほど「毒見役」と言われることになるのであった。タダほど高いものはないとは、よく言ったものだ。それにしても、以前にも五箇山の合掌の里では、竹中家にて絶品の賄い食をタダ食いさせていただいたりと、恵んでいただくことが多い。五箇山の人ってイイ人すぎます!これだから、五箇山は大好きだheart01

2102103
とろろのかかった手打ちそばは素朴で美味しかった♪

 実際に食べた手打ちそばは、とろろがかかっていて実に素朴な味わいだった。手打ちそばの味がよく出ている。つゆは少々薄めだが、これがまたそばの味を引き立たせる。何よりも、そばを作ってくれている道楽クラブのおばちゃん達と笑って話しながら食べるのがうまい。やっぱり、撮影に来たら現地の人とガンガンしゃべりたい。五箇山はお猿の肌に実に合う。

 そんなワケで、そばをタダ食いさせてもらったので、当初の昼食代の予算が浮いた。折角なので、同額で食べられる岩魚(いわな)の塩焼きにチャレンジしたfish

2102104
やっと食べれた岩魚の塩焼き

 お恥ずかしい事ながら、お猿は五箇山に何度か来ていながら岩魚にありつけたことがなかったのだ。実は、お猿は富山に来るまでは太平洋側に住んでいたのだが、実は山育ち。小中学校の頃は学校の行事でヤマメやらニジマスなどの掴み取りをしては、河原で塩焼きにして食べたものだ。富山に来て、魚といえば海の魚ばかり食べているが、川魚の淡白でありながら香りがよく、ホロホロと身が崩れる食感がたまらない。

 こうして久々に川魚にありつけた。しかも、初挑戦の岩魚だ。川魚の一番おいしい食べ方は串刺しにして塩焼きにするに限ると思う。事実、炭火で焼いてあったので、頭から尻尾まで骨ごと食べられた。ハラワタは取ってあるので、何の抵抗もなく丸ごと食べられる。塩だけで川魚の味が一気に引き出される。これはうまい!塩味だけなのに実に贅沢だ。やっぱり五箇山に来たら、合掌造りもいいけど、食生活を含めた「文化」を丸ごと堪能したい。なんてったって「ユネスコ世界文化遺産」なのだから……。

 さて、腹ごしらえが済んで、身も心も“五箇山モード”に切り替わった。では、菅沼集落にいざ出陣!

2102105
合掌の里から菅沼集落はトンネルで繋がる

 合掌の里から、続くトンネルを通り抜ければ菅沼集落だ。

 菅沼集落に関しては、何度も訪れているので、まずは国道156号線沿いの歩道に上って定番の全景の写真を撮る。昨年の「雪あかり」で初めて撮影して、ブログ記事も書いた。その時は、前日ギリギリに大雪が降って屋根にも雪があったのだが、今年はどうか……?

2102106
屋根から雪を失った合掌造り集落。地面の雪がせめてもの救いだ

 ガーン!雪、全然ないしっ!!crying

 そりゃ、周りには50センチレベルでの積雪があるけど、屋根には全くと言っていいほど雪がない。暖冬の影響か、かなり雪は少ないようで、さっきの道楽クラブのおばちゃんも嘆いておった。でも、これは五箇山が悪いんじゃない。地球全体の責任だ。

 最近の雪の少なさにお猿が嘆いていると、周囲の人は「えーっ!雪がない方がいいじゃんgawkと驚く。そりゃ、車の雪下ろしもしなくていいし、運転もしやすい。歩きやすいし、何かと不自由がない。しかし、フォトグラファー的には雪があった方がいいのだ。こんな時は、中途半端エコが顔を覗かせる。

 まあ、雪がないのは仕方がない。なければないなりに写真を撮ろう。夜までは、ウロウロとしながら、スナップ感覚で撮ってみようと思っていると、塩硝の館付近にスケッチの団体が折畳み椅子に座って、スケッチブックに水彩絵の具でスケッチをしていた。

2102107
のどかな天気の下で、スケッチをする軍団

 いやぁ、写真愛好家の団体は見たことがあるけど、絵描きの団体はなかなかお目にかかれない。一瞬勝負の写真に対して、非常にゆったりとした時間が流れている彼らはいいものだ。そこら辺を、思わず単焦点レンズの「Ai AF Nikkor 50mm F1.4D」に切り替えて撮ってみた。

2102108
D700に50mm F1.4を装着すると軽いし楽しい!

 D700に装着すれば35mmフィルムの画角で扱えるので、本来の標準レンズとしての利用ができる。被写体を同じように入れようと思えば、背景を大きくぼかせるのだ。この単焦点は最近になって後継モデルが出たけど、未だ現役で販売しているロングセラーである。開放で撮ってみたが、ISO200で撮ると少々オーバー気味になってしまう。NDでも欲しいところだが、まあ、ないものは仕方がない。なんだかんだと、F1.4開放の描写は銘玉のナノクリ大口径ズームの「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」でもかなわない。改めて、単焦点の面白さを実感したのだった。

 さて、この後は、集落内の民芸品を売っているところへ行ってみよう。

2102109
民芸品売り場には、珍しいものが沢山ありますよ~

 軒先に大根やかき餅を干しているように見えるけど……?

21021010
野菜や果実が干してあるように見えるけど、全部ぬいぐるみ♪

 実際は全部、布と綿で作った小物だったりするのです。大根を干しているところの“ぬいぐるみ”とか、干し柿の“ぬいぐるみ”とか、かき餅の“ぬいぐるみ”などがあって、全部手作りで販売している。こういう“ぬいぐるみ”は、なかなかお目にかかれないだけあって、是非ともゲットしたいものだ。

 横位置でも1枚。

21021011
キーホルダーやストラップのような小物なので、他では手に入らないオリジナルアイテムだ

 う~ん、やっぱり軒先のライティングは懐かしさがあって良いですねぇ。コントラストの強さが結構好きです。

 そんな中に、こんなぬいぐるみがあった。

21021012
周囲が植物系なのに、ここだけ動物性タンパク質な“牛”のぬいぐるみだ

 牛ですね。牛!しかも、ホルスタインですtaurus

 牛年だからですかね?野菜や果物のぬいぐるみの中で、妙に浮いていました。

 さて、民芸品売り場を離れて、集落をグルリを回ってみたんですが……、

21021013
やっぱり、地球温暖化の代償は大きいような気がする

 やっぱり、屋根に雪がないcrying

 まあ、合掌造りという独特の形状は、豪雪地帯の五箇山で、家が雪の重みでつぶれないようにできたものですよね。ってことは、雪が落ちやすいというのは、むしろ本来の姿であって……合掌造りの性能が改めて知らされる……って、やっぱ雪欲しいわgawk

 改めて……、

 地球温暖化のバカヤロー!!pout

 ……ということで、よろしくお願いします。

 さて、更に集落を歩いていると、良いにおいが漂ってきます。

21021014
五平餅の香りが懐かしいのだ

 五平餅delicious

 ひたすら、ゆっくりとした時間の中で五平餅を焼き続けるおじちゃん。五平餅についたタレが焦げる香りが周囲に漂って、観光客が吸い寄せられる。いやぁ、昔よく食べた懐かしい香り。やっぱり、五箇山って合掌造り家屋だけではなく、食文化から生活様式までひっくるめてステキなところだと思った。

 さて、その五平餅を売っているところから目線を上げると……?

21021015
道路沿いに見えるのは、全部カメラマン。それにしても気持ち悪いほど多い

 カメラマン多っっcoldsweats02!!

 菅沼集落を一望できる国道156号線沿いの歩道にビッシリとカメラマンがスタンバイしている。昨年はお猿もここから写真を撮ったのだ。ここからは観光パンフにも使われる定番構図が撮れる。それを狙ってスタンバイしているのだ。他の観光客もこのカメラマンの光景に「えーっ!?あれ、全部カメラマンcoldsweats02!?」と驚いていたのが印象的だった。だが、今年は屋根に雪もないので、改めて定番構図を撮る必要もないと思ったので、自分なりの菅沼を撮ろうと下界にてスタンバイしていた。

 そうして、日暮れとなり薄暗くなったところでシャッターを切る。

21021016
実際には、もっと明るいのだが、合掌造りに露出を合わせれば、これだけ暗くなるのだ

 日没直後からしばらくしてからがライトアップ撮りにはベストだ。18時からは五箇山民謡が披露されるので、それまで撮れる限り撮ってみた。本当ならば18時くらいにも撮りたかったのだが、五箇山民謡も撮りたかったので、今回はこれでガマン。本当なら雪が載ったのを撮りたいが、ないのは仕方がない。

 せめて、ライトアップの時くらい、人工雪で白くするってワケにはいきませんかねcatface

 ……と思ってみた。スキー場をやることを思えば、屋根の面積だけ雪を積もらせるだけなので楽なもんだと思ったが、やっぱり天然でないとダメなんだろうか?イベントを思えば、是非ともやってもらいたいと思った。やっぱり、邪道なんかな~?

 さて、だんだんと暗くなってきますよ~。

21021017
数分後に五箇山民謡の披露を控えた雪上舞台。この雪の下は、田んぼなのだ

 実は、これは五箇山民謡を披露する雪上舞台越しに撮った合掌造りです。手前の影は、スタンバイしているカメラマンの影。

 雪上舞台での五箇山民謡披露の写真は次回にしましょう。

 ではでは。

 四季の五箇山「雪あかり」レポート(2)へ続く……

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
ホテル・旅館のご予約は「赤い風船」の宿泊予約検索へ<日本旅行>
ウマすぎるから揚げの作り方
「2009年はトレンドを追うな」――小飼弾氏が講演

|

« D700のキャッシュバックが届いたよ! | トップページ | 四季の五箇山「雪あかり」レポート(2) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです、こんばんわ♪
日曜日、私もこのイベントに行きました。
ホント、雪が少なくて拍子抜けしましたよね。
私は、雪舞台の前で写真をそこそこ撮り
熊汁、お蕎麦、岩魚の串焼き…食い気のほうにリキ入ってました!

投稿: さくら | 2009年2月11日 (水) 00時31分

さくらさん、コメントありがとうございます!

ご無沙汰していますね!それにしても、さくらさんのマクロ写真はステキですね!ここはひとつ、岩魚のマクロを……coldsweats01!!
まあ暖冬で雪の少ない「雪あかり」でしたが、これだって五箇山の素顔だと思います。いいじゃないですかっ!五箇山を堪能できたしっ!
それにしても、熊汁ですか……。お猿はそばと、岩魚は攻略しましたが、熊汁までは……。残念っ!!
日曜日もお猿は五箇山で過ごしていたので、案外ニアミスしていたりしてっ!!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年2月11日 (水) 00時38分

”五箇山の雪あかり”にコメント下さってありがとうございます。
私はツアーで忙しい観光でしたが、初めての五箇山、合掌造りに感動でした。
雪が無かったのが残念でしたが、歩き易く、寒くなったな~なんて。
美味しいものも食べたかったけど、お土産買う時間しか無くて(100円券使いました)
次回はマイカーで行きたいと思いました。
お猿さんの幻想的な写真に感動です。

投稿: えみりん | 2009年2月11日 (水) 10時43分

26万ビューを突破!おめでとうございます。
本当にスゴイことだと思います。
私のHPにその数パーセントだけでもまわしてもらえれば、幸福絶叫で、昇天してしまいますよ。
これからもバンバン遊びにきますんで、30万目指して頑張ってください。

いやーめでたいし、スゴイっっすー!

投稿: べあまんさん | 2009年2月11日 (水) 16時38分

今年もお猿さんの恒例で有る五箇山「雪あかり」の撮影レポートの登場ですね。
hideは今年も見れて嬉しいです。そして、お疲れ様でした。wink

今年の五箇山は暖冬の影響で、雪景色では無かったのですね。
私の1月の日光訪問も暖冬の景色でして、やはり雪見露天風呂では在りませんでした。weep
合掌造りって豪雪地帯だからある物なのに、これでは雪が少なすぎで、
暖かくて良い物は、五箇山の人の人情だけで十分ですよね。happy01

それにしても、五箇山撮影のカメラマンの多すぎには驚きました。
D700での撮影は如何でしたか。
望遠域での焦点距離の足りなさは在るのでしょうけれど、
フルサイズならではのレンズが本来持っている「味わいの在る描写性」と「広い画角」を
きっと実感なされた事だと思います。happy01

では、また出没致します。taurus

投稿: cameraman_hide | 2009年2月11日 (水) 23時50分

○えみりんさん、コメントありがとうございます。

やっぱり、ツアーの方はゆっくりできなくて残念ですね。
改めて、地元の人間であることを喜んでいます。
今度は是非とも泊りがけで!それも、民宿とか合掌の里に泊まられて、五箇山の食事を堪能してください!
来年は雪があることを願っています。春の宵にも是非お越しください!

○べあまんさん、コメントありがとうございます。

いつの間にやら、アクセスが増えていて驚いています。
また、ガンガン踏んでいってくださいね!

○cameraman_hideさん、コメントありがとうございます。

いやぁ~、今年は趣向を変えて、合掌集落の雰囲気をメインに撮ってみました。
それとイベントの様子を伝える報道的視点からです。
暖冬で喜ぶ人の方が多いようですが、やっぱり長いスパンから考えてみても寒いときは寒い方がいいんでしょうね。少なくても写真や絵を描いたりする人にとっては四季がハッキリしている方が、日本らしいですよ。昔からのものは、四季に応じたものを作っているので、変化があったほうが本来の姿を見れますよね。来年は、ドカ雪であることを念じたいです。日光撮影もご愁傷様でした。
五箇山の人の人情はホントにいいですよ。富山県の中でもピカイチじゃないでしょうか?
D700ではISO1600にすることも躊躇しませんでした。これが安心して使えるのは撮影の幅が広がりますね。ただ、まだFXの画角に慣れていません。FXとDXを適材適所で使えるように、場数を踏んでいきたいと思います。

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年2月11日 (水) 23時59分

先日来場有難うございます。私も2月16日に菅沼合掌造り集落に行きました。今年最後の雪化粧だと思い!
お猿さんの写真は、キレイに写っていますね。私はブログも写真も1年半位の初心者です。
カシオの簡単デジカメでスナップ写真を撮っていましたが、マクロの写真や夜景の写真を少し撮りたいと思い、電化店で初心者デジカメ
(キャノンpower shot s51sの型遅れ)を買いました。でも説明書を見て写しても満足いく写真はとれなく、一眼レフ超入門の本を買ってきました。
ボケ防止のためにやっている状態です。
時間があれば、又私のブログに来場していただき、こうした方がいいよとか、アドバイスいただけないかと思います。
また来ます、お休みなさい。

投稿: syuhei | 2009年2月20日 (金) 19時56分

syuheiさん、コメントありがとうございます。

すみません、間違ってTB2つもつけちゃいまして……。
やっぱり、五箇山は落ち着きます。
写真は「感動を撮る」ということで「あっ!いいな!」と思ったらドンドンシャッターを切ったらいいんじゃない?ってのが持論です。更に趣味なら機材はなんでもいいでしょってのも持論です。仕事になっちゃうとどうしても大きいカメラになっちゃうんですけどね。
そうは言っても、ボケ防止ならマニュアル要素が大きいデジイチがいいかもしれませんね。
最近は本当に安くなりました。1台あってもいいかもしれませんね。
また、遊びに行きま~す!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年2月20日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/44013409

この記事へのトラックバック一覧です: 四季の五箇山「雪あかり」レポート(1):

» 五箇山・雪あかり [きままな時間]
世界遺産合掌造りライトアップ{%キラキラwebry%} 2月7日(土)と8日(日)両日、五箇山の菅沼地区で ライトアップが行なわれた。 東海北陸道・五箇山ICからすぐの集落。 高速から見えた明かりにワクワクする。... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 10時32分

» オートサロンの翌週に、冬の日光へ出かけました。(1) [cameraman_hideの「粋なカメラ道」]
私は、1月10(土)と11(日)の2日間に渡って2009東京オートサロンへと出か [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 23時11分

» ボッテガ・ヴェネタ [ボッテガ・ヴェネタ]
ボッテガ・ヴェネタのブランド紹介です。 ボッテガ・ヴェネタについて知りたい方は是非とも見てください。 [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 13時43分

» ミシュラン観光地格付けの効果 [あしたまにあーな]
日本人は「お勧め」とか「人気ランキング」というものに弱い人種です。自分もよく飲食店などに行くと。「今日のおすすめ」と書いてある料理にまず目がいってしまいます。そこをう... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 14時44分

« D700のキャッシュバックが届いたよ! | トップページ | 四季の五箇山「雪あかり」レポート(2) »