« D300の内蔵ストロボでケラレを検証する(2) | トップページ | 今年最後の“アレ”に投票しようぜ! »

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGをプチカスタマイズ

 お猿@おはようございます。

 お猿の愛車carは真っ黒なんですが、最近どうもドロ水でも被ったかのような感じになって困っている次第であります。中国からのギフト「黄砂」か、純国産で天然素材100%微粒子の「スギ花粉」か、いずれにせよ洗車の苦労が水の泡になってしまうので、何とかしてもらいのが本音です。カメラにとっても良くないので、やっぱり悩むところですね。

 さて、お猿が所有するマクロレンズってものがありまして、カミソリマクロとも言われるSIGMAのMACRO 70mm F2.8 EX DG1本のみです。

MACRO 70mm F2.8 EX DG
SIGMAのカミソリマクロレンズ「MACRO 70mm F2.8 EX DG」

 コイツとの付き合いは所有レンズの中でも結構長く、一昨年の8月にゲットした模様です参考記事。FXフォーマットでも使えるというので、D700にも装着して使えるんですね。ただ、お猿の撮影スタイルを見てみると圧倒的にスナップ写真やら風景写真が多いので、マクロ撮影の機会は全くといっていいほどなかったわけですね。

 お猿が所有するもう1本のSIGMAレンズに「10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM」という超広角ズームレンズがあって、そちらは使用頻度が高いということで「「SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM」をプチカスタマイズ」で紹介したように、レンズキャップを着脱しやすいようにNikon純正に交換したんです。しかし、「マクロは頻繁に使わねーから」という理由で、こっちはキャップ交換は行いませんでした。

 ……が、事情は変わったgawk

 最近は、マクロ撮影をすることが増えてきたのだ。というのも、当ブログで何度か紹介している通り、富山県射水市にある、あんしん弁当さんのブログに掲載する料理写真を撮っているわけです。しかも、特別にスタジオで撮るわけではなく、通常の営業日にお客さまがおられる中で、店頭に並べられているお惣菜をD700にストロボ1灯を装着して撮っている。参考までに、今まで撮ったものの中から2点ほど紹介すると……、

えびチリたまご
「えびチリたまごは、物忘れ防止に効果的!? (3/12)」より 《参考記事

わかさぎのアーモンドフリット
「わかさぎのアーモンドフリットで骨太に! (3/9)」より 《参考記事

 ……といった感じで撮っています。店頭でのストロボ1灯のみ撮影という過酷な環境なので、それなりの写真かもしれないが、お猿の精一杯とご理解いただければ幸いです。

 そして、ブログは毎日更新ということなので、頻繁にお店に通って撮らざるをえないのだ。そうなると、マクロレンズの使用頻度は増えてくる。そうなってくると、マクロレンズの着脱頻度が増えてきて、SIGMA純正のキャップでは非常にやりにくくなってきたのだ。

 ちなみに、SIGMAのレンズキャップとは、

レンズキャップ
SIGMAのレンズキャップ

 ……というのが、前玉側の「レンズキャップ」で、

レンズ裏ブタ
SIGMAのレンズ裏ブタ

 ……というのが、後玉側の「レンズ裏ブタ」である。

 そして、今回これを、下記のものに交換します。

「LC-62」と「LF-1」
左がレンズキャップの「LC-62」で、右がレンズ裏ブタの「LF-1」

 Nikon純正のレンズキャップ「LC-62」と、レンズ裏ブタ「LF-1」

 では、まずSIGMA純正の使いにくさをPRしちゃいたいと思うよ!

 このレンズ純正のフードは、金属製のねじ込み式なのだが、言うまでもなくレンズキャップがついていると装着できない。

2103117
このフードがネジ込み式なので、装着が余計にモタつく

 ちなみに、レンズキャップがついていると、フードが付けられないのはNikon純正も同じことなのだ。だから、レンズキャップがついている時にフードをつけようと思ったら、一旦レンズキャップを外すことが双方に必要な作業となります。

 問題はここからです。このフードがついた状態でレンズキャップをつけようとすると、

2103118
SIGMA純正レンズキャップではフード内部に装着は不可能

 ……というように、レンズの外側を指で挟んで持つために、フードに入れることも出来ないし、仮に出来たとしてもレンズキャップを装着できない。

 しかし、スプリング式を採用しているNikon純正のレンズキャップは、

2103119
Nikon純正レンズキャップならフード内での着脱は簡単

 キャップの中央部分をつまんで持つので、フード内までしっかり持っていける。そして、フードをつけたままで、レンズキャップを装着できるので、非常に使い勝手が良い。

21031110
フードを装着したまま、レンズキャップを装着できるのがイイ

 ほらね。

 今さらながら、Nikonがこのタイプのレンズキャップを採用してくれたことを誇りに思います。お猿のカメラバッグ内の収納方法からすれば、このフードを付けたまま収納は可能なので、非常に撮影がスムーズだったりするのだ。そんなワケで、レンズキャップはこれを使います。

 次は、後玉側の「レンズ裏ブタ」ですね。両者の裏ブタを比較すると。

21031111
左がSIGMA純正の裏ブタ。右がNikon純正の裏ブタ

 ……という感じ。SIGMA側の方が複雑な構造なので、使い勝手が良かろうと思ったら大間違い。

21031112
SIGMA純正レンズ裏ブタは、装着で何かとひっかかる

 双方共に、ネジ込み開始の位置は3箇所あるのだが、SIGMAは円柱形に加えて複雑な構造になっている分、やたらとひっかかる。結局、印の位置を確認してピッタリ合わせて装着するのが一番早かったりするのだ。

 その点、Nikon純正は擂り鉢状の形状をしている上に、シンプルな構造なので、スッとネジ込ませることができる。

21031113
Nikon純正レンズ裏ブタは、本当に簡単に装着できる

 これは、見なくてもやりやすいのがありがたい。

 まあ、そんなワケで、今後はマクロ撮影に行く時にレンズ交換がスムーズにできるし、レンズフードも装着したまま、バッグに収納できるのがうれしい。他レンズメーカーはもうちょっと使い勝手を良くしてもらいたいと思うのであった。

 さて、別件ですdash

 来週、3/26~3/29に東京ビッグサイトで行われるPIE2009ですが、仕事の都合がつきまして1泊2日で行ける事になりましたhappy02!26日は仕事の締め切りなので、それを終らせて夜行で上京する予定です。3/27~28日の2日間を堪能できることになりました。

 今年はパッとしたものがないと思いきや、PMAでも発表のなかったものが、PIEに合わせて地味ながら発表されてきているようですね。Nikonが静かなのが気になりますが、是非とも新型VR 70-200mm F2.8をPIE会場でいじくりまわしたいと思います。あ、せっかくなんで、70万円台まで下がってきたD3Xiconも記念にいじっておこうかねぇ。D3iconと変わらないと思いますが……。

 お猿の行動としては、基本路線は無料セミナーを受けまくることでしょうか?ああいうの聞いていると製作意欲が出てくるんですよね。それに、やっぱり一流の写真家などの話を聞くというのは、本当に勉強になります。そういうこともあって、今のうちにセミナーをチェックしておいて話を聞きまくろうかと思います。

 PIE帰りにはレポートもアップしようと思いますんで、その節はよろしくお願いします。

 ではでは。

P.S.最近、こっそりニヤニヤ笑って読んでいるのがぱきら。身に覚えのあるものから、最近の若いモンは……と言いたくなるような小話がズラリと。話のネタにちょうどいい。ウソのようなホントの新人類のお話。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
デジカメオンライン|アウトレット市場
東大理1に1年で受かった勉強法
「生きる意味」の答えは『歎異抄』に(親鸞会.net)

|

« D300の内蔵ストロボでケラレを検証する(2) | トップページ | 今年最後の“アレ”に投票しようぜ! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

お惣菜おいしそうですね~。
魅力を引き出して写真におさめるって、
素人にはまねできませんね(←当たり前)
自分の作品を、きちんと作品に収めたいのですが、
ぱっとしません・・・。
今度個展に、きていただけたらな・・・と思います。

投稿: hirata | 2009年3月18日 (水) 22時30分

たしかにSIGMAのキャップは前後ともに使いにくいですよね。
私の場合、レンズは防湿庫に全キャップを外した形で保管しています。
持ち出すときだけキャップを付けますが、10-20mmとVR70-200mmを同時に持ち出すことはないので、
口径が同じなVR70-200mmのキャップを流用する形でSIGMA10-20mmに付けています。

ところでPIE、私ももしかしたら日曜AMだけは何とか行けるかもしれません。
その週末に、カミさんが都内にある実家に帰省しているため、日曜PMにクルマで迎えに行きますので。
前日の富士出張は夕方現地解散となったので、宿泊せずに地元へ戻ることになりました。
・・・が、そのまま友人に拉致されて飲みにいくことになっています。飲み過ぎないようにしなければ・・・(汗

P.S. SB-900、今日買いましたよ~♪ 明日は長女の卒業式なので・・・。

投稿: flipper | 2009年3月18日 (水) 22時35分

○hirataさん、コメントありがとうございます。

料理写真は専門じゃないにしても、最近は撮る機会が非常に多いのでストロボ1灯で撮るコツが掴めてきた気がします。まあ、写真に関してはプロらしくいきたいと思います。
hirataさんの個展の写真ですかぁ、良いですね。ホントは、ちょっと暗いところでストロボ1灯での撮影をやってみたいと思っています。黒い布でバックを作って浮かび上がらせたい……。
ぜひ、撮らせていただきたいと思いますので、お気軽にご相談を……。

○flipperさん、コメントありがとうございます。

いやぁ、共感していただけて幸いです。
なるほど、防湿庫にキャップを外して収納ですかっ!確かに、そうしないと籠りそうですね。キャップの共有とはナルホドと思いました……が、なかなかそうもいきませんね。こっちは、SIGMA10-20mmと24-70mm F2.8が一緒ですからね。同時起動ってことがあるんですね。広角でガッツリ責めたい時とか……。
PIEのご都合がつかれそうで良かったですね!ただ、すれ違いっぽいですね。残念!呑みすぎにご注意を!!

SB-900購入おめでとうございます!!いやぁ~長かったですね!でも、それだけに喜びもひとしおですが、お猿的にはSB-900が欲しい人間なので垂涎モノです。いいなぁ、いいなぁ~!
もちろん、電池は5本装填?そうなると、電池の購入方法&充電方法が面倒なんですよね。何とかクリアしていますが、急速充電器を使っています。娘さんの卒業式、ガッツリ撮ってあげてくださいね!!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年3月18日 (水) 22時45分

>もちろん、電池は5本装填?
それはSB-800だけでは? 900でもできるのでしょうか・・・説明書もう一回みてみます。

>娘さんの卒業式、ガッツリ撮ってあげてくださいね!!
ブログにも書きましたが、大失敗しましたorz
入学式ではうまく撮ってね・・・とカミさんから早速注文が(苦笑

>PIEのご都合がつかれそうで良かったですね!ただ、すれ違いっぽいですね
それは残念!!
私も「行けるといいな」レベルですので、確実なところはアレなのですが・・・^^

投稿: flipper | 2009年3月19日 (木) 17時23分

flipperさん、コメントありがとうございます。

すみません、SB-800と混乱していました。SB-900でしたよね。
ブログ拝見しました。
「なぁ〜にぃ〜?やっちまったなぁ〜!」のクールポコ状態ですね。
さすがに電源を入れないと光りませんねcoldsweats02
入学式ではリベンジを!
PIE来れたらいいですね。楽しみましょう!!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年3月20日 (金) 19時13分

PIE 私も逝きますよ、でも週末地元で撮影なので
27日にファーストインパクトの可能性ですね
ハクバかコメットのブースにいると思いますw

良い情報のしっぽ捕獲ができるといいですねぇw
まぁ、参加している技術畑の人との談義も「現場」
の声を「会議室」にとどけるためがんばらないとw

各社の「道具」実際手にとって確かめるチャンス
もうあと…4日後

Nikonの前玉キャップは逸品ですw


投稿: 水準器 | 2009年3月23日 (月) 14時33分

自分も週末はムーンライトえちごで東京に行ってきますよ~
(今回の目的はライブなんでお猿さんと遭遇はきびしいか・・・)
時間があればニコンの新宿ショールームに寄ってくる予定です。
(去年はサンニッパやヨンニッパも試写出来ましたし・・・)

投稿: yasupi | 2009年3月26日 (木) 00時31分

○水準器さん、コメントありがとうございます!

PIE行ってきました。ハクバもコメットも行きましたが、う~ん、どなた?
肝心のVR 70-200mm F2.8後継レンズの尻尾はつかめませんでした。
NikonのレンズキャップについてSIGMAブースで言うの忘れましたcoldsweats02

○yasupiさん、コメントありがとうございます!

ええ、PIE行きましたよ!こっちは、超エコノミーで夜行バスですcoldsweats01
新宿ショールームに行こうと思いましたが、まあ、Nikonブースでいいやってやめました。
また、お会いできると良いですね!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年3月29日 (日) 15時55分

はじめましていつも楽しく拝見させていただいてます
以前キタムラだったと思うのですがカメラを修理に出した際
ついでにということでカメラ内の清掃もしていただいたという記事を見た記憶が
あるのですがCCDの清掃くらいしか覚えがありません
たしか3点ほどまとめてクリーニングしていただいた・・といった記事を拝見した覚えがあるのですが
どこだったか教えていただけないでしょうか?おねがいします

投稿: 頭文字D | 2009年5月 6日 (水) 21時39分

頭文字Dさん、返信超遅くなり失礼しました。

んー、これでしょうか?

http://palcon.air-nifty.com/tarcas/2008/02/sony_200350d90_22bc.html

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年5月28日 (木) 00時11分

コメントありがとうございます。私も購入1年内で液晶のドット抜けにてキタムラに修理出しましたが店員はクリーニングのことなど
何も言ってくれませんでしたよ。いつもCCDのクリーニングは名古屋のSCへ持って行きます。
それにしても他社では受けつけてくれない液晶のドット抜けを快く無料修理してくれるニコンさんやっぱいいですね~
ちなみに修理は日研テクノ株式会社、ニコンの修理技術認定店 名古屋営業所がしてくれたみたいです
最後になりましたが御結婚おめでとうございます
末永くお幸せに

投稿: 頭文字D | 2009年6月 1日 (月) 14時07分

頭文字Dさん、コメントありがとうございます。

先日はじめてCCDクリーニングを自分でやりましたが、フィルタクリーニング暦が長かったためか、非常にスムーズでした。
自分でやってみるのもいいかも……っていう感じです。
それにしても、ニコンのアフターサービスはすごいと思います。

お祝いもありがとうございました!

投稿: フォトグラファー猿 | 2009年6月 5日 (金) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/44392277

この記事へのトラックバック一覧です: SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DGをプチカスタマイズ:

« D300の内蔵ストロボでケラレを検証する(2) | トップページ | 今年最後の“アレ”に投票しようぜ! »