« D700の高感度で「おわら風の盆」を撮る♪(鏡町) | トップページ | Nikonがいろいろとオモロイことをやってくれます♪ »

D700の高感度で「おわら風の盆」を撮る♪(西新町)

 お猿@おはようございます。

 今年のおわら風の盆の前夜祭について、超スローペースで記事を書いております。とっくに城端のむぎや祭も撮影が終わって、写真のストックがあるんですが、おわらが終わらなきゃ(あっ、ダジャレ!)、むぎやもできねぇや!

 そんなワケで、前夜祭の6日目である8月25日にも行ってきました。仕事が終わって、状況次第で行くか、行かないかを判断して余裕で行けるのは、現地まで車で20分というロケーションの賜物!やったぜ、射水市民!

 ……で、25日の担当は、西新町

西新町のぼんぼり
それぞれの町内の判断は、ぼんぼりを見れば分かる

 ここは、昨年の前夜祭でも経験したことがない場所。初日の鏡町が通りではなく、町内の広場で行われ、町流しが行われなかったのに対して、こっちは商店街が舞台。商店街というだけあって、やや風情に欠けるものの、町流しから舞台演技までやってくれるという充実っぷり。

 更に、踊りの中心となる西新町の公民館前は今年の「おわら風の盆」ポスターの撮影場所となっている。

 そして、定刻になり町流しからスタート。

西新町の町流し
商店街の端から町流しはスタートする。沿道には人だかり!

 町内会から、西新町では撮影の際のストロボ使用はOKという案内があった。そこで、昨年の設定から入ろうとSB-900iconに電球色のカラーフィルターとディフューザーの「Diffuser Kit DFU-01」を装着。更に、町流しでは沿道沿いに場所取りすることになるので、鏡町のように一点集中になることはない。その為に、自分の前を通り過ぎる短時間であるが、接近戦で撮影となるのだ。それで、大口径の標準レンズの出番!高感度撮影に定評のあるD700にナノクリ標準ズームレンズの「AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED」を装着。まさに無敵だ!

 ……で目の前にやってきたところで、何やらおかしい。どうも、シャッタースピードが上がらないのだ。開放F2.8にしても、まだまだ暗い。仕方なく、ISO6400まで上げて何とか撮った。それが、コレ。

おわらの地方
60mm/絞り優先AE(F2.8、1/60秒)/ISO6400/WB:白色蛍光灯

 いやぁ~、F2.8通しのレンズとは思えない設定だ。実は、この方は歌担当の地方さんで踊り子の後ろを歩きながら移動していくのだが、つまり、この人の先に踊り子さんをお猿は撮影していたわけです。ところが全滅。ブレブレの見れたもんじゃない写真だらけだったのだ。実は、この頃に気づいた衝撃の事実があった。

 お猿は、この日の日中、仕事で風景写真を撮っていたのだが、その時にレンズに装着していた、

 PLフィルターを着けっぱなしでしたぁ~~っcrying

 いやぁ~、お猿すっかりミステイクだよっっ!!何が悲しゅうて、明るいレンズを装着しながら、わざわざ暗くして撮っているのか!?ファインダー覗いて気付けよっとツッコミを入れたくなるのだが、後のカーニバル。気を取り直して行きたいが、町流しはとっくに通り過ぎてしまった。町流しは片道だけ行って、帰りは普通に戻ってきたので、シャッターチャンスを逃してしまったのですね。

西新町公民館
町流しが通り過ぎた後は、ひたすら待つ!追ってはならぬ!

 まあ、仕方がない。今度は舞台演技に挑戦だ!!

 しばらくの休憩の後、公民館前に地方さんが勢揃い。挨拶をされた後に、演奏が始まる。

おわらの地方
公民館前でおわら節を歌う地方さんたち

 ただ、ここで気付いたのがストロボは使わないほうが、味があっていいなということ。鏡町のようにWBは白色蛍光灯にして、ノンストロボで頑張ることにした。

おわらの男踊り
52mm/絞り優先AE(F2.8、1/40秒)/ISO2500/WB:白色蛍光灯

 男の踊り子さんが息もピッタリで踊る。お猿的に感じるのが、各町内によって踊りの上手い下手があるということ。あまりうまくないところは、これがピッタリと合わない上に、静と動が曖昧なのだ。しかし、西新町は見事なほどに息が合っていて、特に男踊りは静と動がシッカリ分かれていてカッコイイ。

 さて、ここで鏡町でトラブルの原因になりますので……と言われた、他人の焚いたフラッシュなのだが、ノンストロボで撮影しているとシャッタースピードが遅くなるために、他人のストロボと見事にシンクロしてしまうことが多々ある。さて、これは良くないのだろうか?

おわらの男踊り
45mm/絞り優先AE(F2.8、1/40秒)/ISO2500/WB:白色蛍光灯

 かっけーっ!というのが、お猿の感想。確かに風情があるとは言えないが、お猿的にはこの青白い陰影と、クッキリ出た路面の影法師が美しいと思うのだ。このハプニングと言える他人のストロボは、おわらに関しては大いにアリで、むしろ自分が焚いたストロボよりも陰影をハッキリ出してくれるので面白いと思うのだ。

 さて、どんどん行きます。子供たちも入っての男踊りになってきたのだが、こうなると、公民館側だけ向いて踊るわけではなく、かなり至近距離まで寄ってくる。こうなると、24-70mmという焦点距離は非常に使いやすく面白い写真になってきた。

おわらの男踊り
31mm/絞り優先AE(F2.8、1/30秒)/ISO2500/WB:白色蛍光灯

 D700なら焦点距離は35mmサイズそのままの画角で使えるので31mmは、まさに広角扱い。その広角のパースペクティブを生かして、遠近感のある踊り子になったような気がする。

おわらの男踊り
29mm/絞り優先AE(F2.8、1/50秒)/ISO2500/WB:白色蛍光灯

 う~ん、いいねぇ!

 さらに、極め付けがコレ!!

おわらの男踊り
36mm/絞り優先AE(F2.8、1/40秒)/ISO2500/WB:白色蛍光灯

 ドンッ!

 基本的に、おわらの踊り子は笠で顔が隠れているのが美と思うのだが、こうやって笠の目から差し込んだ光が踊り子の顔を照らすのも面白いと思う。ちなみに、この動作は、鍬で田畑を耕しているのを表しているそうです。

 さて、女踊りも行ってみましょう!

おわらの女踊り
50mm/絞り優先AE(F2.8、1/50秒)/ISO2000/WB:白色蛍光灯

 公民館側を向いて踊っているのだが、女性の踊り子は、この笠から見えるうなじ付近が美しいように思うのだ。真っ黒な帯もカッコイイので、女の踊り子は後ろからでも、バッチリOKですな。

 ……で、踊りを待つ踊り子も、

おわらの女の踊り子
58mm/絞り優先AE(F2.8、1/60秒)/ISO2000/WB:白色蛍光灯

 こんな感じで、かなりリラックスしたムード。踊っているばかりが、おわらじゃない!!

 さて、舞台演技が終了すると、暫く休憩の後、観光客も混じっての輪踊りとなります。輪踊りと言っても、商店街を使ってのことなので、非常に細長い“輪”になります。道路の両端に“お立ち台”ができて、踊り子さんが2名立って踊ります。それを撮るのもイイぞ!

 ただ、この時は、あまり近寄れないので望遠レンズにシフト。しかし、鏡町同様にズーム全域F2.8の望遠ズームなんて持っていないので必然的に「AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)」になってくる。ただ、描写はピカイチだと思うので、ISO感度はD700を信用して、バシバシ撮って行きましょう!ああ、「AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II」の発売日はまだか!?

 さあ、気を取り直して行ってみましょう!

おわらの女踊り
270mm/絞り優先AE(F5.6、1/40秒)/ISO3200/WB:白色蛍光灯

 実は、お立ち台付近はぼんぼりの明かりも届かずに非常に暗いので、こんな感じ。背景を落とすのもいいけど、背景を選んで撮ったのがコレ。

おわらの女踊り
135mm/絞り優先AE(F5、1/15秒)/ISO3200/WB:白色蛍光灯

 やはり、開放と言っても少々背景がうるさい。でも、雰囲気は伝わるだろうか?

 では、踊り子さんのバストアップを狙ってみましょう。

おわらの女踊り
195mm/絞り優先AE(F5.3、1/20秒)/ISO3200/WB:白色蛍光灯

 背景の民家がグッと圧縮されて風情のある写真となったような気がする。手だけが被写体ブレの影響で動きが伝わると嬉しい。

おわらの女踊り
210mm/絞り優先AE(F5.3、1/13秒)/ISO3200/WB:白色蛍光灯

 これなんかも手の動きが面白いと思った一品。

 来年も命あらば、おわら撮影にチャレンジしたいが、「AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8G ED VR II」を使ったら、どんな写真になるか今から楽しみだ。今のところのレンズシステム構築の最終レンズだ。節約モードに入ろうかと思います。

 そんなわけで、西新町は終了~。おわらはまだまだ続きます!

 ではでは。

ブログランキングにも参加しているので良ければクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ/Banner_03 ←清き一票を!

~今日のリンク~
【三星カメラ】カメラ販売
◆ビックカメラ.com
カボチャプリン
隣の部屋のクソガキが無線LANはいってくるんだが・・・

|

« D700の高感度で「おわら風の盆」を撮る♪(鏡町) | トップページ | Nikonがいろいろとオモロイことをやってくれます♪ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156894/46223261

この記事へのトラックバック一覧です: D700の高感度で「おわら風の盆」を撮る♪(西新町):

« D700の高感度で「おわら風の盆」を撮る♪(鏡町) | トップページ | Nikonがいろいろとオモロイことをやってくれます♪ »